本コンテンツへスキップ
インサイト>マーケット&ファイナンス

チリ、コロンビアがラテンアメリカのインターネット、ケーブル普及率でトップ

2分で読めるシリーズ|2010年12月

ラテンアメリカは、北米やヨーロッパに比べ、世界的な不況に耐え、現在では経済成長の強い地域の一つとして際立っています。 ニールセン・カンパニーは最近、ブラジル、チリ、コロンビア、メキシコの4カ国を対象に、消費者の豊かさがメディア普及率にどのような影響を与えたかを調査しました。

チリは、家庭用コンピュータの所有率とインターネットの普及率でグループをリードしています。 コンピュータの保有率は前年比5ポイント増の57%、インターネットの普及率は同6ポイント増の41%でした。 しかし、最も大きく伸びたのはブラジルで、世帯の半数以上(51%)がコンピューターを所有し、前年の26%から増加し、インターネットの普及率も13ポイント上昇して31%になりました。

「ブラジルの経済成長は、消費者がより多くのお金を使えるようになったため、ほとんどのセクターで消費を促進しており、この上昇はそれほど驚くことではありません。

コロンビアのインターネット普及率は5ポイント上昇し29%、メキシコは3ポイント上昇し24%となりました。

テレビは4カ国とも98%の家庭が所有しており、ユビキタスな存在となっています。 ケーブルテレビに関してはコロンビアが断トツで、81%の世帯が加入している。 チリの半数(51%)の世帯がケーブルテレビに加入しています。 一方、ブラジルの家庭の4分の1、メキシコの家庭の3分の1しかケーブルテレビに加入していません。

"ケーブルテレビ普及の主な障壁は、サービスコストです。 ブラジルでは、近い将来、ケーブルの普及が進むと思われます。 メキシコでは、多くのケーブル事業者が存在し、サービス内容も異なっています。 メキシコには多くのケーブル事業者があり、それぞれ異なるサービスを提供していますが、ダブルプレイやトリプルプレイといったテレビとインターネットを組み合わせたパッケージが登場すれば、競争によって価格が下がり、普及が進む可能性があります」とVazquezは述べています。

チリ
2007 2008 2009
従来のテレビ 100% 99% 98%
サブスクリプションTV 41% 44% 51%
インターネット 31% 35% 41%
コンピュータ 49% 52% 57%

ブラジル
2007 2008 2009
従来のテレビ 97% 95% 97%
サブスクリプションTV 9% 16% 26%
インターネット 17% 18% 31%
コンピュータ 25% 26% 51%

コロンビア
2007 2008 2009
従来のテレビ 98% 99% 98%
サブスクリプションTV 78% 81% 81%
インターネット 21% 24% 29%
コンピュータ 4% 9% 13%

メキシコ
2007 2008 2009
従来のテレビ 98% 98% 98%
サブスクリプションTV 32% 35% 33%
インターネット 17% 21% 24%
コンピュータ 30% 33% 32%

出典ニールセン・カンパニー

注)1.インターネットの普及率は、サービスが提供されている世帯を指します。家庭外(インターネットカフェ、オフィスなど)で利用するユーザーは除きます。コロンビアの場合、コンピュータ普及率はノートパソコンのみを含み、デスクトップは含まない