02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

ソーシャル・ネットワーク今やオンラインでは4分半に1本がブログ

2分で読む|2010年6月

ソーシャルメディアの人気は否定できない。世界で最も人気のあるオンライン・ブランドの3つがソーシャルメディア関連であり(フェイスブック、ユーチューブ、ウィキペディア)、世界は現在、1,100億分以上をソーシャル・ネットワークやブログ・サイトに費やしている。これは、オンライン利用時間全体の22%、つまり4分半に1回に相当する。ソーシャル・ネットワークやブログ・サイトを訪れる人の数が昨年より24%増加した後、オンラインを利用する世界の消費者の4分の3が初めてソーシャル・ネットワークやブログ・サイトを訪れている。平均的なサイト利用時間は1年前より66%長く、昨年の3時間31分に対し、2010年4月は約6時間だった。

世界で最もオンライン上で人気のあるブランド / 2010年4月

ブランド

ブランドを訪問する世界のインターネット人口の割合

一人あたりの時間(hh:mm:ss)

グーグル

82%

1:21:51

MSN/WindowsLive/Bing

62%

2:41:49

フェイスブック

54%

6:00:00

ヤフー

53%

1:50:16

マイクロソフト

48%

0:45:31

ユーチューブ

47%

0:57:33

ウィキペディア

35%

0:13:26

AOLメディア・ネットワーク

27%

2:01:02

イーベイ

26%

1:34:08

アップル

26%

1:00:28

出典ニールセン・カンパニー

*グローバルとは、AU、BR、CH、DE、ES、FR、IT、UK、USAを指す。

ブラジルは、今年のワールドカップで優勝候補の筆頭に挙げられているだけでなく、ソーシャルネットワークを利用するインターネット消費者の割合(86%)が最も高い国でもある。ブラジルのソーシャル・ネットワーキングの人気は、2004年にブラジルに登場したOrkut現象によるもので、2005年9月までにブラジルのインターネット人口の半数がOrkutを利用していた。ソーシャル・ネットワーキング・サイトの平均利用時間が最も長いのはオーストラリアで、4月の平均利用時間は7時間19分。

国別リーチと利用状況 / 2010年4月 (家庭・職場)

ソーシャル・ネットワーキング/ブログ・サイト

国名

アクティブ・ユーザー数

一人あたりの時間(hh:mm:ss)

ブラジル

86%

5:03:37

イタリア

78%

6:28:41

スペイン

77%

5:11:44

日本

75%

2:50:50

米国

74%

6:35:02

イギリス

74%

5:52:38

フランス

73%

4:10:27

オーストラリア

72%

7:19:13

ドイツ

63%

4:13:05

スイス

59%

3:43:58

出典ニールセン・カンパニー

フェイスブックのリーチはイタリアで最も広く、2010年4月のアクティブ・ユニーク・オーディエンスの3分の2を獲得しており、イタリアでは3大英語圏の市場よりも同サイトの人気が相対的に高い。オーストラリア、米国、英国はイタリアに続き、アクティブなオンライン消費者の60%以上がサイトを訪れている。対照的に、日本人のフェイスブックに対する意欲は最も低く、リーチ数も利用時間も他のどの国よりも著しく低い。ツイッターに似たマイクロブログ・プラットフォームを提供するAmebaは、日本で最も人気のあるソーシャル・ネットワーキング・ブログ・サイトであり、日本人の38%がオンライン上で利用している。

フェイスブックの国別リーチ数と利用率/2010年4月(家庭と職場)

国名

アクティブ・ユーザー数

一人あたりの時間(hh:mm:ss)

イタリア

66%

7:00:21

オーストラリア

63%

7:45:28

米国

62%

6:43:22

イギリス

62%

6:19:59

スペイン

57%

4:04:53

フランス

57%

4:33:05

スイス

45%

4:18:47

ドイツ

27%

3:42:50

ブラジル

26%

1:46:50

日本

3%

0:31:38

出典ニールセン・カンパニー

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。