本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

クロスプラットフォームレポート 米国人のテレビ、モバイル、ウェブビデオの視聴が増加

2分で読めるシリーズ|2011年6月

今日の平均的なアメリカ人は、いつでも、どこでも、どのようにでも、ビデオを見ることができるようになりました。Nielsen のCross-Platform Report では、顕著な傾向として次のことが示されています。アメリカ人は、従来のテレビ、モバイル機器、インターネットでのビデオコンテンツ視聴に、かつてないほど多くの時間を費やしているのです。

従来のテレビ

テレビの視聴時間は、昨年と比較して一人当たり月22分増加し、すべての人口層でビデオコンテンツの支配的なソースであり続けています。さらに、ニールセンのデータによると、消費者は高品質のテレビコンテンツにお金を払うことを望んでおり、放送のみの家庭は米国のテレビ世帯の10分の1以下となっています。

モバイル動画

モバイル動画の視聴時間は、まだ月に数時間ですが、昨年より41%、2009年からは100%以上増加し、著しい伸びを示しています。

タイムシフテッドTV

タイムシフトテレビは、家庭でのDVR機器の普及率、利用時間のいずれにおいても成長を続けています。

インターネット動画

また、インターネットビデオストリーミングの利用時間も増加し、この行動は若年層や多様な層で最も多くなっています。

詳細は、クロスプラットフォームレポートの完全版をダウンロードしてご覧ください。

従来のテレビ/家庭内インターネットストリーミングの新たな潮流

2010年秋まで、ニールセンのデータは、最もヘビーなメディア消費者はすべてのプラットフォームでそうであることを一貫して示していました。テレビとインターネットの家庭の消費者のサブセットは、現在、その概念を覆すように出現し、最も軽い従来のテレビユーザーは著しく多くのインターネットビデオをストリーミングし、最も重いストリーマーは従来のテレビ視聴の指標を下回っている。

この行動は、18-34歳の人々が主導している。 このような行動をとる消費者層は、重要ではあるが少ない。テレビ/インターネット人口の3分の1以上がストリーミングをしていないのに対し、テレビを見ていないのは1%未満である。

クロスプラットフォーム・インフォグラフィック

民族、性別、年齢別の全体的な視聴行動や、新たなトレンド、デバイスや配信の普及状況に関する詳細な情報については、「クロスプラットフォームレポート」をダウンロードしてください。