02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>FMCG & 小売

グリーン・マーケティングが消費者の自動車購入検討と購入を促進

1分で読む|2012年11月

ニールセンの調査によると、自動車メーカーによるグリーン・マーケティングは、効果的に顧客をショールームに誘導する。 フォード、ホンダ、トヨタ、シボレー、日産は、この考えに賛同し、第3回ニールセン・オートモーティブ・グリーン・マーケター・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。この賞は、自動車業界の環境に配慮した取り組みに関して、消費者の認知度を高め、消費者の認識にプラスの影響を与えるために最も躍進したブランドを表彰するもので、11月29日に開催されるロサンゼルス国際自動車ショーで 授与される。

2012年、グリーン広告が消費者の購入検討に与える影響は、2011年と比較して20%高かった。 環境に配慮した機能もまた、勢いを増している。特に注目すべきは、76%の消費者が、燃費の良さやMPGの高さは、購入検討の際に必ず必要なものであると答えていることである。

「ニールセン・グローバル・オートモーティブ社長のロイス・ミラー氏は、「グリーン・マーケティングは、今日の消費者にとって重要なテーマである。ニールセン・グローバル・オートモーティブのロイス・ミラー社長は、次のように述べている。「我々の調査では、自動車メーカーが自社の環境に配慮した製品や取り組み、イノベーションの認知度を高める上で、どの程度効果的であるかを明らかにしています。私たちは、自動車メーカーが消費者の間で認識や配慮をポジティブに変えることができたかどうかを理解することができます。"

方法論

ニールセンは、最終候補と受賞者を決定するために、3つの調査研究を活用し、メディアの種類を超えた認知レベルと認識を取り入れた。調査内容は以下の通り:

  • 約2,600人の消費者を対象とした、自動車ブランド別の環境メッセージに関するクロスメディア認知・認識に関するカスタム調査。
  • ニールセンの広告効果測定サービスにより収集された、自動車グリーン広告に焦点を当てた全国テレビ広告視聴者600万人のレスポンスデータ。
  • 115,000件以上のソーシャルメディアメッセージに基づき、グリーン関連のディスカッションスレッドにおけるソーシャルメディアの「バズ」センチメントを測定。

2011年10月から2012年9月までの間に、エコをテーマにした全国規模のテレビ広告を放映した自動車メーカーが対象となった。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。