本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

米国ではスマートフォンが携帯電話全体の半数を占め、新規購入も圧倒的に多い

1分で読めるシリーズ|2012年3月

2012年2月現在、米国の携帯電話加入者の約半数(49.7%)がスマートフォンを所有しています。ニールセンによると、これは昨年より38%増加したことになります。2011年2月には、携帯電話加入者の36%しかスマートフォンを所有していませんでした。 この増加は、スマートフォンの普及が進んでいることに起因しています。過去3ヶ月間に新たにモバイル機器を購入した人の3分の2以上が、フィーチャーフォンではなくスマートフォンを選択しています。

米国におけるスマートフォン普及率の推移(2011-2012年

全体として、米国ではAndroidが引き続きスマートフォン市場をリードしており、スマートフォン所有者の48%がAndroid OSの端末を所有していると回答しています。スマートフォンユーザーの約3分の1(32.1%)がアップルのiPhoneを所有しており、ブラックベリーの所有者はさらにスマートフォン市場の11.6%を占めています。過去3ヶ月以内にスマートフォンを手に入れた最近の取得者のうち、2月の調査では48%がAndroidを選択し、43%がiPhoneを購入したと回答しています。

米国におけるスマートフォンのOS別シェア