本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

次に来るもの。広告を芸術ではなく科学にする

1分で読めるシリーズ|2013年6月

私たちは皆、良い広告を見れば、それを知っています。しかし、何がその広告を強力にするのでしょうか。マーケティング担当者は長年この問いを考え、しばしば判断や勘に頼ってきました。しかし今日、消費者神経科学は、この古くからある課題に光を当てることができます。

広告の圧縮は、消費者神経科学の応用の一つに過ぎませんが、すべての人に大きな利益をもたらすものです。広告主は費用を抑えることができます。自社ショーの広告を出すパブリッシャーにとっては、コンシューマー・ニューロサイエンスによって、販売する在庫を取り戻したり、外部で販売できる在庫を減らさずに自社ショーの広告を増やしたりすることができます。広告代理店は、クライアントにとって最も生産的な広告を作成するためのツールとして、消費者神経科学を利用することができます。

30秒のテレビスポットを20秒、15秒、10秒と切り詰めることで、広告のインパクトを維持、あるいは多くの場合、増大させることができると想像してください。全世界で数千億ドル規模のビデオ広告産業において、その可能性は計り知れない。