02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

オンライン広告の成功の定義:広告主が目指すベンチマークはどのように変化しているか

2分で読む|2014年9月

10代から団塊の世代まで、男女を問わず、消費者グループ全体のオンライン行動を見て明らかなことは、すべてのデモグラフィックが異なるということです。そのため、ある消費者にリーチするのは他の消費者よりも難しい。また、完璧な広告キャンペーンを提供することは、マーケティング担当者にとって継続的な課題でもある。

ニールセン・オンライン・キャンペーン・レイティングス(Nielsen Online Campaign Ratings)の最近のデータ分析によると、全体として、すべての消費者セグメントで配信された広告インプレッションの59%が意図したオーディエンスに到達しており、2013年の69%から減少している。この落ち込みは、より幅広いデモグラフィック・セグメントから、より狭く、より焦点を絞ったキャンペーン・オーディエンスへのシフトと相関している。

より広範で、一般的に他よりも高いオンターゲットパーセンテージ(意図したオーディエンスに提供されたキャンペーンインプレッション総数の割合)を達成するデモグラフィックゾーン1と2は、2014年にサイトオブザベーション(キャンペーン内に表示されたウェブサイトまたは広告ネットワークの各インスタンス)の36%を占め、2013年の40%から減少した。ブロードおよびミディアムのデモグラフィック・セグメント(ゾーン1~4)のキャンペーンにおけるベンチマーク・オンターゲットのパーセンテージは、いずれもわずかな減少にとどまった。最も大きな減少は、最も幅広い視聴者層を持つキャンペーンで発生した:ゾーン1は前年比6ポイント減の84%であったが、ゾーン5と6は前年比一貫して好調であった。

興味深いことに、年齢層に関係なく、女性をターゲットにしたキャンペーンの的中率はこの1年で低下した。最も大きな変化は、35歳から64歳の女性で8%低下したことだ。 全体的に最も変化が大きかったのは、35~54歳で、25ポイント減の38%だった。キャンペーン対象者の数 この貴重な層 は2013年から2014年にかけて大幅に増加した(約5倍)。これに対し、他の層へのリーチを狙ったキャンペーンの平均数は約2倍に増加した。

「最新のオンライン広告キャンペーンの結果を見ると、キャンペーンはより焦点を絞ったものに進化しており、その結果、オンターゲットの割合にも変化が見られます。「業界が変われば、成功の定義も変わります。メディアバイヤーがキャンペーンサイクルを通じてパートナーやプレースメント戦略を評価し、環境の変化が彼らの戦略にどのような影響を与えるかを検討することで、投資収益率を最大化できるように、私たちはダイナミックなメディアの状況に合わせてこれらのベンチマークを更新しています。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。