本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

More of What We Want: クロスプラットフォームレポートQ1 2014

1分で読めるシリーズ|2014年6月

デバイスの普及が進み、コンテンツがこれまでにない方法で人々に届くようになると、動画に触れたいという欲求も高まります。1日24時間という限られた時間の中で、私たちはどのようにこのスクリーンタイムを管理すればよいのでしょうか。私たちは、限られた時間の中で、より多くの情報を凝縮しています。究極のマルチタスクであるセカンドスクリーン体験は、私たちに即時的なつながりをもたらしてくれます。

この 2 年間で、ビデオ・オン・デマンドは、コンテンツ配信と発見のための重要なプラットフォームへと成熟してきました。米国の 60% 以上の世帯で利用可能なビデオ・オン・デマンド (VOD) は、ますます視聴に貢献するようになってきています。VODは、憧れの18-49人口層で平均4-5%の貢献をしていますが、個々の番組ではVODによって15-20%以上も視聴率が向上していることが分かっています。また、若年層やアジア系アメリカ人にも魅力的なプラットフォームであり、VODによる貢献度は全体で8パーセントです。

最近放映されたVOD