02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>オーディエンス

スター・ウォーズインド人映画ファンが求めるもの

2分で読む|2014年4月

インド映画観客の嗜好に迫る

  • 映画のあらゆる側面について家族や友人、同僚と話し合うが、映画を観るという最終決定は無計画で本能的なものだ
  • ソーシャルメディアの普及により、映画は公開後数日で最も収益が上がるようになった。
  • 映画を観に行く観客の51%がオファーや割引に影響される

インドを突き動かすものが2つあるとすれば、それはクリケットと映画だ。チーム・インディアの成績は時折ふらつくが、インド映画界の成功は築かれ続けている。

インドの映画産業は世界最大である。20以上の言語で毎年1,000本以上の映画を制作している。これを考慮すると、より収益性の高いアメリカの映画産業が1年に製作する映画は600本程度ということになる。

ニールセンについて 、映画と映画スターに熱狂するインドの人々は、年間約33億枚のチケットを購入し、巨大な産業を支えている。さらに、インドで製作された映画の人気は海外、特にインド人駐在員の多い国々で高まっている。興行収入、ホームビデオ収入、放映権収入を含む付帯収入などによる映画産業の収益は、毎年9%の割合で拡大し、2015年には28億ドルに達すると推定されている*。

インド映画産業の成長は、国全体、特に都市部の人々の購買力の上昇に助けられている。インドの約半数が25歳未満である。

ニールセンは、国内の映画鑑賞人口を理解する試みとして、映画ファンの嗜好とチケット購入パターンに関する調査を実施した。これらの洞察は、映画館オーナーやエンターテイメント企業に優位性を与えることができる。

プロモーション・ワーク

オファーや割引がチケットの売れ行きに差をつける。回答者の80%もの人が、割引やオファーを利用するために映画の計画を変更したと答えた。およそ3分の2の人が、映画鑑賞には外食やレジャーを含む何らかの支出が伴うと答え、5人に3人が映画の前後に買い物をしたという。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。