02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

スポーツ・メディア・レポート2014

1分で読む|2015年2月

本年度の「スポーツ・メディア年」レポートは、消費者のスポーツに対する世界的な愛情が引き続き高まっていることを浮き彫りにしている。2014年は、ソチ冬季オリンピックに始まり、史上最もエキサイティングなワールドカップが開催されるなど、スポーツにとって大きな年となった。

このような大きなイベントと、モバイルアプリやデバイスが世界中に普及したことで、2014年はモバイルでのスポーツ消費が真の意味で主流となった年となった。2013年から2014年にかけてのデジタルビデオ視聴の伸びは、若い消費者の間だけでなく、驚異的としか言いようがない。2013年第2四半期から2014年第2四半期にかけて、18-34歳層のデジタル視聴が53%増加した一方で、35-49歳と50-64歳のアメリカ人の視聴はそれぞれ80%と60%と、さらに目覚ましい伸びを示した。ファンは多くのデバイスを使い、さまざまな方法でスポーツコンテンツの消費を増やし、エンゲージし続けている。

テクノロジーの影響力を追う

2008年、スマートフォンはまだ生まれたばかりのテクノロジーだった。しかし、2010年末には米国での普及率は30%にまで跳ね上がった。現在では、スマートTVやタブレット端末の急速な台頭もあり、普及率は驚異的な75%に達している。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。