02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ&ゲーム

文字通り「持つ」のか、それとも「デジタルで見る」のか?ホームエンターテイメントの進化

4分で読む|2015年8月

デジタル時代の到来は間違いない。今日、平均的なアメリカ人は4台のデジタル機器を所有し、これらのツールやプラットフォームを使って娯楽を楽しむ機会が増えている。しかし、視聴者はテレビや映画のコンテンツを見るとき、完全にデジタルに切り替えているのだろうか?

12歳以上のアメリカ人の73%が映画やテレビ番組を積極的に家庭で視聴しており、このような強力な消費者の習慣を理解することは重要である。ニールセンの新しいレポート「ホームエンターテインメント消費者動向レポート」によると、これらの消費者が視聴するコンテンツの種類や支払うコンテンツはここ数年で変化しているが、その進路は必ずしもデジタルに向かっているわけではないことがわかった。

変化するホームエンターテイメントの状況の中で、ひとつだけ不変なことがある。それは、消費者が全体的にほぼ同じ量の映画やテレビを見ているということだ。デジタルでの視聴方法は人気があり、半数以上の消費者が過去6ヶ月間に1つ以上のテレビ番組をデジタルで購入またはレンタルしたと報告している。しかし、娯楽をデジタルだけで楽しむ消費者の数はまだ少なく、テレビや映画の視聴を完全にデジタルに移行したと回答した消費者は12%に過ぎない。大半の人(41%)は、コンテンツを物理的にもデジタルでも購入またはレンタルしていると答えている。また、ブロックバスターが5年前に破産を申請したとはいえ、20%の人がいまだに物理的なディスクのみを購入またはレンタルしていると答えている。

デジタルコンテンツは、購入やレンタルの大半を占めていないかもしれないが、消費者の時間の大半を占めている。平均して、消費者は物理的なコンテンツの視聴に費やす時間がデジタルコンテンツより25%少なく、デジタルコンテンツの視聴のほとんどは定額ストリーミングサービスを利用している。

全体として、消費者は過去1週間の総視聴時間の19%をデジタルコンテンツに費やしたと報告した。その内訳は、定額ストリーミング映画10%、デジタルで所有するテレビ/映画4%、ケーブルビデオオンデマンド(VOD:ケーブルまたは衛星プロバイダーを通じてオンデマンドまたはペイパービューを1回限りの料金で注文すること)のテレビ4%、1回限りの料金でオンラインデジタルレンタルした映画1%。一方、物理的なコンテンツに費やした時間は11%に過ぎなかった(ディスクで購入したテレビ・映画が7%、レンタルしたものが4%)。残りの視聴時間は、ライブやタイムシフトのテレビ視聴、ビデオゲーム、映画館での映画鑑賞などのアクティビティに費やされた。

消費者のスケジュールに物理的なコンテンツのための余裕はないかもしれないが、彼らの財布に余裕があることは確かだ。消費者は、過去1ヶ月間に、物理的なディスクの購入やレンタルに、デジタルの2倍(ニールセンについて )を費やしたと報告している。先月の消費者支出の10%がTV/映画ディスクの購入に、6%が物理的レンタルに使われたのに対し、デジタル消費に使われたのは合わせてわずか9%だった。しかし、この余剰はあらゆる種類の物理的コンテンツに及んでいるわけではなく、消費者は昨年に比べ、ディスクとデジタルの両方で映画の購入が減り、両方の形態でテレビ・コンテンツの購入が減ったと答えている。 

この調査では、ディスクやデジタル・コンテンツの購入やレンタルを多用することから "コンテンツ・キング "と定義された35歳以下の男性など、価格意識が低い消費者グループもあった。しかし、全体的には、デジタルと物理的なエンターテイメントの両方について、慎重に考えて購入している。また、"old school homebodies"(保守的で自立した高齢者)や "cordless creatives"(主にミレニアル世代)といった、より質素な層は、消費する前に支出を考慮に入れている。

実際、消費者は全体的に、映画館に行くよりも、あるいは一般的な映画鑑賞よりも、無料(および定額ストリーミング)のテレビコンテンツを好む傾向が強まっている。ニールセンの2014年映画鑑賞レポートによると、昨年、米国の映画ファンの77%が少なくとも1本は映画館で映画を見たものの、その頻度はわずかに減少している。また、昨年と比較すると、無料TVコンテンツの視聴は、ライブTV、DVR経由のタイムシフトTV、インターネットVOD(1回限りの料金でデジタルコピーをレンタル)、ケーブルVODなど、すべての視聴方法で増加している。

方法論

ニールセンの「ホームエンターテインメント消費者動向」レポートは、ホームエンターテインメント部門(テレビや映画のコンテンツにアクセスするために使用されるあらゆる有料フォーマットを含む)の包括的な見解を提供し、物理的およびデジタル的な使用状況、費やされた時間および金額、またコンテンツにアクセスするために使用された方法の傾向を調査しています。英語およびスペイン語を話すヒスパニック系アメリカ人の代表サンプルを含む、12歳から74歳までの米国の消費者約3,000人を対象に、2015年3月に代表的なオンライン調査を実施しました。 

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。