02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

アーバン・コンテンポラリー・ラジオのスイート・スポット

2分で読む|2015年11月

この1年を通して、ヒップホップ・ミュージックはどこを見ても、聞いても、大きな反響を呼んでいるようだ。夏の音楽フェスティバルのサーキットでも、FOXの大ヒット番組『Empire』でも、デジタル・アルバムの売上でも、ヒップホップへの関心が深く高まっていることは明らかだ。アーバン・コンテンポラリーというフォーマットは、40年以上にわたってR&B、ラップ、ヒップホップをミックスしてきた。

近年、アーバン・コンテンポラリーは、ビートを中心としたポップ・ミュージックの交差点にあり、今日の多くの大物アーバン・アーティストのますます幅広い魅力と結びついている。そして、この絶え間ない進化によって、アーバン・コンテンポラリーはメインストリームのヒット曲のペースメーカーとなってきた。しかし最近、このフォーマットは、特にここ2年間で飛躍的に視聴率を伸ばしている。 

簡単に言えば、2014年と2015年は、ニールセンの48のポータブル・ピープル・メーター(PPM)市場において、アーバン・コンテンポラリーにとって過去最高の2年となった。また、この秋には、6歳以上、18~34歳、25~54歳の視聴者シェアで過去最高を記録した。

この成長は、アーバン・コンテンポラリーの伝統的な視聴者層である18~34歳を中心にしているが、特筆すべきは、特に25~34歳の間で劇的な伸びを見せていることだ。この年齢層のリスナー数は、2011年から2015年にかけて35%という目覚ましい伸びを示している。一方、ティーンエイジャーとヤングアダルトの聴取者数は横ばいである。

このフォーマットの人気上昇によって、アーバンラジオの他のフォーマットにも興味深いシナリオが描かれることになる。アーバンアダルトコンテンポラリー(AC)は、黒人の消費者の間で最も聴かれているフォーマットであり、クラシックヒップホップは、過去12ヶ月間注目を集めたフォーマットである。アーバンACのコア・オーディエンスは伝統的に35歳以上であり、アーバン・コンテンポラリーは現在その領域に足を踏み入れている。クラシック・ヒップホップの放送局はまだ少ないが、90年代のヒップホップやラップを中心にプレイリストを構成しており、35歳から44歳のリスナーに強くアピールしている。

言い換えれば、アーバンラジオの状況は、今や全国で同じリスナーグループを取り合うフォーマットがさらに増えているということだ。もっと詳しく知りたければ、12月3-4日にワシントンD.C.近郊で開催されるニールセン・オーディオ・クライアント会議とアーバンPDクリニックで、このことが主要な話題になるだろう。 

類似の洞察を閲覧し続ける