本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ウェビナークリエイティブの力|語ることと語られないことを両立させるために

1分で読めるシリーズ|2015年5月

広告に時間とお金をかけるからには、クリエイティブから市場でのパフォーマンスに至るまで、その効果を正確に測定し、インパクトのある最適化を図りたいものです。調査に基づく測定は、消費者の記憶や感情を本当に引き出すことができるのでしょうか?神経科学から学べることニールセンについて アンケート調査が言葉にならないものを理解するためにどれほど有用なのか?

このウェビナーでは、ニールセンの広告効果戦略担当副社長デービッド・ブラントが、神経科学と広告効果測定の調査ベースのアプローチとの関連性を説明します。

トピックは以下の通りです。

  • 脳科学とアンケート調査による広告反響測定のアプローチの違い
  • 脳波記録により脳レベルで測定されたものと、調査による記憶力、感情力、情報力との関連性
  • 広告のレゾナンスを測定する上で、これらの異なるアプローチを最も効果的に使用する方法