02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ウェビナークリエイティブの力|語ることと語られないことの和解

1 分で読めます |2015年5月号

広告に費やす時間と費用を考えれば、クリエイティブそのものから市場でのパフォーマンスに至るまで、その効果を正確に測定し、インパクトのある最適化を図りたいものです。調査に基づく測定は、消費者の記憶や感情を本当に掘り起こすことができるのだろうか?神経科学(ニールセンについて )から何を学ぶことができるだろうか。調査尺度が、言葉にならないものを理解するためにどれほど有用なのだろうか。

このウェビナーでは、ニールセンの広告効果戦略担当副社長デビッド・ブラントが、神経科学と広告効果測定の調査ベースのアプローチとの関連性について説明します。

トピックは以下の通り:

  • 広告の共鳴を測定するために神経科学と調査ベースの尺度が取るアプローチの違い
  • 脳波記録によって脳レベルで測定されるものと、記憶力、感情力、情報力に関する調査尺度との関連性
  • 広告のレゾナンス測定において、これらの異なるアプローチを最も効果的に使う方法

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。