02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

2016年、ビデオ・オン・デマンドはオンライン人口の3分の2に達する

3分で読む|ニールセン マーケティング・エフェクティブネス&クロスプラットフォーム・インサイト アソシエイト・ディレクター リリアン・ズリム|2016年5月
{“order”:3,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”pagePath”:”/content/corporate/au/en/insights”,”title”:”Insights”,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

16歳以上のオーストラリア人オンライン利用者の3分の2以上が、2016年末までにビデオ・オン・デマンド(VOD)を視聴すると、オンライン消費者のメディア消費習慣に関する新しい報告書が予測した。

第18回オーストラリア・コネクテッド・コンシューマー・レポートによれば、2015年のVODの利用率は4%増の59%であった。ニールセンはまた、オーストラリア人のサービス選好の高まりから、今年はさらに8%増の67%になると予測している。

便利で多様な視聴の選択肢が増えたおかげで、オーストラリアではVODの普及が爆発的に進んだ。

伝統的なテレビが依然として支配的である一方で、オーストラリアの人々は、様々なキャッチアップサービスや定額制サービスを通じて、より多くのビデオコンテンツを視聴している。そのため、トライアルや加入への関心が高まっている。

例えば、ネット人口のネットフリックスへのアクセス(有料契約またはトライアル)は、2016年に11%増加し、年内にネット人口の4分の1以上が家庭でこのサービスを利用するようになると考えている。また、Stanの利用率は今年8%増加し、人口の11%に達すると予測している。実際、2015年の数字に基づき、ほとんどのVODが今年成長すると予測している。 

本レポートは、オーストラリアのオンライン・ユーザーが、様々なデバイスを利用してメディア・コンテンツを視聴していることを調査したもので、家庭で最も視聴されている画面は依然としてテレビであることも明らかになった。VODの視聴に使用されるスクリーンを見ると、56%がテレビを使用しており、2014年から12%増加している。

テレビ画面はオーストラリアの家庭の中心的な部分であり、人々は可能な限り最高の体験をするために大画面でコンテンツを見たいと思っている。

伝統的なテレビは、オンライン人口の89%が放送またはタイムシフトされたテレビを視聴しており、依然としてテレビ消費の圧倒的な形態である。大手パブリッシャーのキャッチアップTVも成長を見せており、ビデオ・オン・デマンド・コンテンツの中で最も人気のある形態(YouTubeでのTV消費と同じ)であり、オンライン人口の39%がオーストラリアのキャッチアップ・サービスでコンテンツを視聴している。 

海賊版コンテンツも2015年には10%もの大幅な減少を見せた。この減少は、連邦政府による海賊版サイトの取り締まりが続いていることにも起因している。

ビデオ・オン・デマンドの視聴者のうち、大多数は毎週視聴しているが、21%は毎日視聴しており、2014年の15%、2013年の12%から増加している。ここ数年、この分野への関心は着実に高まっている。無料・有料を問わずビデオ・オン・デマンド・コンテンツにアクセスするオーストラリア人が増えているだけでなく、視聴を日常的なレパートリーに取り入れる傾向が強まっている。 

注:VODとは、オンラインサービスやソースを通じて配信されるテレビや映画のビデオコンテンツと定義される(これには、キャッチアップテレビ、定額ビデオオンデマンドサービス、海賊版サービス、YouTubeなどのサイトでのテレビ/映画ストリーミングが含まれる)。

オーストラリア・コネクテッド・コンシューマー・レポート2016」の購入はこちらから。  

ニールセンについて オーストラリア・ニールセン・コネクテッド・コンシューマー・レポート2016年版オーストラリア・ニールセン・コネクテッド・コンシューマー・レポートは1997年から発行されており、今年で18回目を迎える。2016年版レポートは、16歳以上のオンライン・オーストラリア人4,802人の回答をオンライン調査の手法で分析している。すべての回答は2015年12月に収集された。レポートは2016年3月31日(木)に発表された。

類似の洞察を閲覧し続ける