02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>オーディエンス

表現の問題:アジア系アメリカ人コンテンツへの関与、認識、好感度

3分で読む|2017年5月

アジア系アメリカ人が市場でより大きな影響力を持つようになり、刻々と変化する環境の中で、ニールセンが最近行った調査では、アジア系アメリカ人および一般視聴者におけるアジア系アメリカ人俳優のエンゲージメントと影響力を調査した。この調査では、アジア系アメリカ人のキャラクターが登場する番組は、アジア系アメリカ人の視聴者だけでなく、一般の視聴者の心にも響くことがわかった。

この研究では、ニールセンのTVブランド効果の結果を用いて、番組へのエンゲージメント(視聴したTV番組で何が起こったかを人々がどれだけ覚えているかの尺度)を測定した。アジア系アメリカ人のキャラクターやプロットが登場するさまざまな番組のエンゲージメントは、アジア系アメリカ人と一般視聴者の両方において、各セグメントにおける標準値よりも高く、このことは、これらの番組がアジア系アメリカ人の視聴者だけでなく、アジア系以外の視聴者にも共感を与えていることを示している。

実際、ABCの「Fresh Off the Boat」や「Dr. Ken」のように、アジア系アメリカ人が多く出演している番組や、アジア系アメリカ人が主役の番組は、一般視聴者の平均を大きく上回っている。 ニールセンのデータでは 、番組中に放送された広告の記憶力は、番組へのエンゲージメントが高いほど高まる ことも示されて いるため、これは放送局や広告主にとって重要な価値提案となる。  

ニールセンのN-Scoreを使った別の分析では、上記の番組のアジア系アメリカ人俳優や他のアジア系アメリカ人俳優のほとんどが、アジア人だけでなく一般の人々の間での「認知度」においては、テレビ/映画の平均値かそれに近い結果を残した。しかし、「好感度」においては、ほぼすべての俳優が同じグループの平均を上回っている。

実際、これらのアジア系アメリカ人俳優の多くは、アジア系アメリカ人の観客と一般市場の両方に広くアピールしている。例えば、ニールセンについて アジズ・アンサリのファンの4分の3(74%)は白人で、3分の1以上(35%)はミレニアル世代である。彼のファンは高所得者層でもあり、ニールセンについて 半数(51%)が年収75,000ドル以上である。

認知度が低いにもかかわらず、「New Girl」に出演しているハンナ・シモーンは、好感度で標準を上回り、主要な視聴者にもアピールしている。ニールセンについて シモーンのファンの5分の2(43%)は35歳以下であり、大多数(93%)は非アジア人であることから、アジア系アメリカ人のキャラクターやキャストが大衆にアピールできることがわかる。

「ニールセンのシニア・バイス・プレジデントであり、ニールセンのアジアン・アフィニティ・リンクのエグゼクティブ・スポンサーであるクリス・ルイは、次のように語っている。「実際、ニールセンのデータは、その逆であることを示しています。これらの俳優たちは、普遍的に好かれており、アジアの視聴者だけでなく、一般市場にもアピールできる立場にあります」。

方法論

ニールセンTVブランド効果

Nielsen TV Brand Effectは、シンジケートされた機内広告および番組最適化ソリューションで、自然でリアルな視聴環境でインサイトを収集します。TV Brand Effectの番組エンゲージメント分析では、番組の有効性を測定し、広告主の記憶に残りやすい価値の高い番組を特定します。

ニールセンNScore

NScoreはニールセンのシンジケート・タレント分析アプリケーションで、ユーザーは様々な業界のタレントの推薦やキャスティングの可能性を評価することができる。NScoreは、有名人のファンを特定の行動、ブランド、メディア消費に対する親和性と一致させます。NScoreは、特定の属性、認知度、センチメントについて米国の消費者を毎週調査することで、タレントの商品購買力、ブランド評価の向上、コンテンツへの付加価値向上に役立つ指標を提供します。

類似の洞察を閲覧し続ける