02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ホリデーはラジオの電波にプレゼントをもたらす

2分で読む|2017年1月

私たちの多くが忙しいホリデーシーズンから大方立ち去った一方で、アメリカのラジオ放送局はホリデー音楽が年末の番組編成に与えた影響を今まさに把握しようとしている。ニールセンのホリデー・ポータブル・ピープル・メーター(PPM)視聴率の発表で、2016年の聴取率は終了し、2017年を迎えるにあたり、いくつかのおなじみの結果が残された。

2016年のホリデー調査は、PPM調査のスケジュールのギャップを埋めるため、今年は5週間(12月1日から1月4日)にわたって実施された。感謝祭後に本格的に始まり、クリスマスにピークを迎えるホリデー音楽のリスニングの大部分を捉え、視聴率に反映させた。

アダルト・コンテンポラリー(AC)は、他のどのフォーマットよりもオール・クリスマス・フォーマットに移行しており、6歳以上の全リスナーで12.8%のシェアを獲得し、全フォーマットの中で首位に立った。さらに、2016年のホリデー調査の結果は、以下の表でわかるように、ほぼ他の比較可能な調査年と同等である。

主要な音楽フォーマットにおけるホリデーシーズンの影響を評価する場合、11月からホリデーシーズンの調査までの間に視聴者シェアがどうなるかという長期的な傾向を見ることが重要である。ACとソフトACのフォーマットはクリスマス音楽によって急増し、ポップ・コンテンポラリー・ヒット・ラジオ(CHR)とメキシコ地域のリスニングはわずかに減少し、カントリーはクリスマス番組によって最も影響を受けるフォーマットである。

ここでは5年分のデータを集計し、比較のために2016年の結果も合わせて見てみよう。今年のホリデー調査は、予想通り主要フォーマットに影響を与えた。

スポークン・ワード・ラジオの領域、特にニュース/トークのフォーマットでは、2016年は前例のない政治シーズンによって視聴率が押し上げられ、飛躍の年となった。これについては、近日中にニュース・ベースの全フォーマットの視聴者数を合算した結果を発表する予定だが、今のところ、以下に詳述するホリデー・ブックの結果がそれを物語っている。

ニュース/トークの年末年始の聴取率は、他の時期に比べて低くなるのが一般的である。しかし、米大統領選に向けた報道への関心の高さを考えると、2016年は、これまでお伝えしてきたように、その傾向に逆行するような結果となり、歴史的な選挙後のホリデー・ブックは、News/Talkにとって過去最強の記録となった。

この記事で使用されているデータは、多文化オーディエンスを包括したものである。ヒスパニックの消費者層は、英語圏とスペイン語圏の代表的な集団で構成されている。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。