本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

Eコマースか、新たな消費者の現実か

1分で読めるシリーズ|2018年11月

現在、世界では40億人がインターネットに接続しており、これは世界人口の53%に相当し、ほぼ大多数(92.6%)がモバイル機器からインターネットを利用しています。毎日、世界のユーザーの85%(34億人)がインターネットを利用し、平均6時間半をネット上で過ごしています。同時に、今日の消費者はネットワーク上でのデジタル活動の数を増やしています。間違いなく、インターネットへの自由なアクセス、デジタル世界におけるテクノロジーとイノベーションは、消費者の行動を変え、いずれにしても将来の彼の人生に影響を与えるだろう。

インターネットへのオープンアクセスは、ユーザーが情報を消費し、経験を共有する方法を変えるだけでなく、日常生活に自由を与え、より柔軟で快適な生活を実現します。ソーシャルメディアから金融機関、情報ポータルからゲーム業界まで、今日ではあらゆる生活領域で便利なデジタルコミュニケーションが可能であり、これらすべてが消費者をオンラインショッピングに向かわせる。

メーカーや小売業者にとって成功と発展は、先進国市場と新興国市場の両方で、買い手の方法で様々なチャネルにおける戦略的優位性を作り出すことである。

インフォグラフィックのダウンロードはこちら