本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ニールセンのトータルオーディエンスレポート。Q1 2018

1分で読めるシリーズ|2018年7月

消費者のメディア行動を理解するために実証された科学を使用することは、ニールセンが他の追随を許さないことです。特に、「今、ここ」を超えた行動の変化を見るとき、これは真実です。

この新しいNielsen Total Audience Reportでは、米国の消費者にとってのメディアの現状を伝えることに重点を置いています。このレポートでは、リニア(テレビとラジオ)およびデジタルプラットフォームにおけるメディア利用全般を調査し、消費者のデバイスやサービスへのアクセスを検討し、テレビ接続デバイスの利用を掘り下げ、さまざまな年齢や人種/民族による利用の違いを調べ、テレビ視聴とみなされない世帯に関する洞察を提供しています。

プラットフォーム横断的な週間リーチ

米国の成人(18歳以上)の10人中9人が、平均的な週にリニアプラットフォームを利用しています。2018年第1四半期のライブ+タイムシフトのテレビ視聴は88%の人にリーチしており、ラジオはプラットフォーム全体で92%と最大のリーチを誇っています。また、ラジオは毎週、ヒスパニック系成人全体の96%にリーチしています。

平均的な週に3分の1以上の人がインターネット接続機器(スマートTVのアプリを含む)を使用しており、アジア系アメリカ人では43%と高い到達率となっています。コンピュータの利用率もアジア系アメリカ人が最も高く、71%が毎週利用しています。人種や民族に関係なく、スマートフォンの人気は依然として高く、成人の5人に4人が利用している一方、タブレットは成人の半数以下が毎週利用しています。

類似のインサイトを閲覧し続ける