02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ニールセン・トータルオーディエンスレポートQ1 2018

1分で読む|2018年7月

消費者のメディア行動を理解するために実証済みの科学を利用することは、ニールセンが他の追随を許さない得意分野である。これは、今ここにとどまらない行動の変化を見る場合に特に当てはまります。

ニールセン・トータル・オーディエンス・レポートでは、米国の消費者のメディア利用状況を伝えることに重点を置いています。このレポートでは、リニア(テレビとラジオ)およびデジタルプラットフォーム全体におけるメディアの利用状況を調査し、消費者のデバイスやサービスへのアクセスを検証し、テレビ接続デバイスの利用をさらに掘り下げ、さまざまな年齢層や人種/民族における利用状況の違いを調査し、テレビを視聴していない世帯に関する洞察を提供しています。

プラットフォーム横断的な週間リーチ

米国の成人(18歳以上)の10人中9人が、平均的な週にリニア・プラットフォームを利用している。2018年第1四半期におけるライブ+タイムシフトのテレビ視聴は88%の人にリーチしており、ラジオはプラットフォーム全体で92%と最大のリーチを誇っています。またラジオは、毎週ヒスパニック系成人全体の 96% にリーチしています。

インターネット接続機器(スマートTVのアプリを含む)を1週間の平均利用率は3分の1を超え、アジア系アメリカ人の利用率は43%と高い。パソコンの利用率もアジア系アメリカ人が最も高く、71%が毎週利用している。人種や民族に関係なく、スマートフォンは依然として普遍的な人気で、成人の5人に4人が利用している。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。