インサイト

「8%」クロスプラットフォーム広告の力をひも解く
ニュース

「8%」クロスプラットフォーム広告の力をひも解く

動画視聴の分野では、依然として従来のテレビを通じての視聴が大半を占めており、しばらくはこの状況が続くと見られているが、成長を遂げているのはオンライン視聴とモバイル視聴である。2012年第4四半期から2013年同四半期にかけて消費者がオンラインの動画視聴に費やした時間が30%増加した。テレビとデジタルを共に活用すれば、リーチできる視聴者を最大限に増やし、あらゆる視聴スクリーンに渡って重要なメッセージを伝えることができる、すなわち広告主にとって真の影響力を増大させることのできるポテンシャルが生まれるのである。

もちろん広告主は、さまざまなスクリーンで行っているキャンペーンの統合は重要で、今後さらに重要性を高めるものだと考えているが、成果を最大化するためのこれらのキャンペーンの有効性については、いまだ玉石混交といったところだ。具体的に言えば、ニールセン・クロスプラットフォーム・キャンペーン・レイティングスにて計測された45のキャンペーンについての分析によると、広告主が行ったテレビとオンラインを統合したキャンペーンの多くは、テレビとオンライン広告を別々に計画した場合よりも優れた結果が出いないということがわかった。

平均的に、これらの統合キャンペーンではテレビとオンラインの両方を通してリーチした視聴者はたったの7.6%にしか及んでいない。この結果は、それぞれ別々にキャンペーンを行った場合に想定されるランダムな組み合わせを介した視聴者(7%)との違いがわずかであるということを示している。ここで商機が失われているのである。

ニールセンの調査によって、マーケターは彼らの望むテレビ視聴者・オンライン視聴者についてより的確な認識に基づいて慎重な計画や実施を行うことによって、さらなる出費や費用分配の再構成を必要とすることなく、平均して8%のリーチ率増加、もしくはより高いフリクエンシーを得ることができるということが分かった。

投資利益率(ROI)はすべてのマーケターにとって広告費における最優先事項であり、企業はメディア間の相乗効果を最大限に活用する能力をマスターできるよう素早く行動に移す必要がある。このクロスプラットフォーム広告の謎を一番最初に解いた者が、広告費用に対する最高の投資利益率を獲得し、競合に大きく優位を築くのである。

このトピックについてさらに詳しくお知りになりたい方は、英文レポート「クロスプラットフォーム広告の力をひも解く(原題:UNLEASHING THE POWER OF CROSS-PLATFORMADVERTISING)」を下記リンクよりダウンロードしてください。

「 UNLEASHING THE POWER OF CROSS-PLATFORM ADVERTISING 」(英語版)

http://www.nielsen.com/us/en/reports/2014/whats-next-unleashing-the-power-of-cross-platform-advertising.html

オリジナル英文記事>>

http://www.nielsen.com/us/en/newswire/2014/the-8-percent-unleashing-the-power-of-cross-platform-advertising.html