インサイト

新商品開発は新興市場の攻略に欠かせない「スイートスポット」~ ニールセン 『新商品購入に関するグローバル調査』を発表
ニュース

新商品開発は新興市場の攻略に欠かせない「スイートスポット」~ ニールセン 『新商品購入に関するグローバル調査』を発表

{“order”:0,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u3000″,”titlecolor”:”A8AABA”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveSyncCancelled]”,”cq:isCancelledForChildren”:”{Boolean}true”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

関連資料:レポート「新商品購入に関するグローバル調査レポート【英語版】」はこちら
関連ページ:NEW PRODUCT DEVELOPMENT HITS THE SWEET SPOT IN DEVELOPING MARKETS はこちら

シンガポール報道発表資料を基に作成:

世界的な調査会社ニールセンが本日発表したレポートによると、東南アジアの消費者は新商品開発に力を入れるブランドを好む傾向が強く、世界の消費者と比べても新たに市場に出る商品をより積極的に試していることが明らかになりました。

『ニールセン 新商品購入に関するグローバル調査』では世界の60の国と地域の30,000人のインターネット利用者を対象に、新商品に対する消費者の考え方と購入動機となる要素を検証しています。

世界のどこを見渡しても消費者は新商品に目がないようですが、その購買パターンは地域ごとに大きく異なります。調査結果によると、新興市場の消費者ほど新たな商品を試したいとの意向が強く、実際に新商品を購入していると答える人の割合も高くなっています。東南アジアでは4人中3人(73%)が、前回日用品の買い物をした際に新商品を購入したと答えており、世界平均の57%を16ポイント上回ります。さらに、新商品が発売されると嬉しいと感じる人は73%(世界平均は62%)、画期的な新商品にはより高い金額を払っても良いとする人は56%(同44%)、自分は新商品を率先して試すほうだと答える人は50%(同39%)と、いずれも世界平均を大きく超えています。

新商品関連の情報収集においてはテレビ広告が大きな役割を果たします。東南アジアではほぼ5人に1人(19%)が新商品情報の入手手段としてテレビを最もよく利用しており、上位5位までに選ぶ人は57%にのぼります。友人や家族の薦めやインターネットもまた、新商品を試す際に大きな影響力を持つ情報源であり、友人・家族からの情報は55%が、インターネット検索は42%が、最もよく利用する情報源の上位5位以内に挙げています。(図1参照)

ニールセン 東南アジア・北アジア・太平洋地域 イノベーション(新商品開発)部門責任者のヨハン・ブランケンは次のように述べています。「東南アジアの消費者は新商品を好む傾向がとりわけ強く、様々な要求をしながらより良い商品を求めています。しかし成功はそう簡単ではありません。ブランド間の競争は激しく、膨大な数の商品が並ぶ店頭で生き残るには新商品の情報を最も効果的に伝える方法の見極めが欠かせません」。

今回のニールセン調査の結果、東南アジアの消費者が新商品を試す最大の動機は「利便性」であり、次いで「現在使用している製品と比べた価格の安さ」、「家族みんなにふさわしい製品であること」が明らかになりました。一方、世界全体の傾向に目を向けると、購入動機の第1位は「価格の安さ」で、これに「知人からの薦め」と「利便性」が続きます。(図2参照) 今後の新商品開発への期待としては価格の安さ、利便性、健康・環境によいことが挙げられており、こうした特徴を備えた商品に注力すべきでしょう。(図3参照)

ブランケンのコメントです。「地域全体で健康や環境に配慮した商品への関心が高まっている様子はこれまでにも感じられていましたが、最新の調査結果はそれを顕著に示しています。消費者は健康によいものを選ぶことの大切さをこれまで以上に意識し、健康的な生活を支える、自然の素材を生かした新鮮な商品を求める傾向はますます強くなっています。同様に、消費者意識の高まりとともに、環境に配慮した、あるいは持続可能な方法で作られた商品に対する需要も増加しています。今回得られた結果は、ターゲットとなる消費者から最も大きな共感を得られる分野に焦点を合わせた新商品開発につながる、貴重な情報となることでしょう」。

図1:新商品に関する情報源 上位5項目 (東南アジア地域)

図2:新商品購入の動機 上位5項目 (東南アジア地域)

図3:今後の新商品開発への期待 上位5項目 (東南アジア地域)

グローバル調査について
本調査結果は、60の国と地域の消費者を対象に実施されたインターネットによるアンケートに基づいています。オンラインアンケートは大規模に世界中の人を対象とできますが、その回答者はインターネットユーザーに限られ、総人口が反映されるものではありません。新興市場のインターネット普及率はまだ上昇を続けている段階であり、利用者は対象国の人口全体に比べると比較的豊かで若い世代が多いことが特徴です。

また、購買習慣に関する内容は、実測データではなく消費者の回答に基づいています。

ニールセンについて
ニールセン N.V.(NYSE:  NLSN)は、世界的な調査会社として消費者の視聴行動、購買行動の分析を行っています。視聴行動分析部門は、メディア・広告企業向けに各種デバイス上での動画・音声・テキストコンテンツ消費動向を把握するトータルオーディエンス測定を提供しています。購買行動分析部門は、消費財メーカーや小売企業を対象に業界で他に類を見ない世界規模のリテールパフォーマンス分析を提供しています。視聴行動分析、購買行動分析を他のデータと組み合わせた世界レベルの測定・分析により、ニールセンはクライアントのパフォーマンス向上を支援します。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100カ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com

お問い合わせ
中川奈津子、コミュニケーションズ 
Tel:      +81 3 6837 6549
Email:  [email protected]