インサイト

ニールセン 上半期のまとめレポート「Digital Trends 2016上半期」を公開 ~ スマホヘビーユーザーの実態を分析 ~
ニュース

ニールセン 上半期のまとめレポート「Digital Trends 2016上半期」を公開 ~ スマホヘビーユーザーの実態を分析 ~

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}
 
  • スマートフォン ヘビーユーザーのうち3人に1人は34歳以下の女性
  • ヘビーユーザーは「ソーシャルネットワーク」や「ゲーム」の利用時間が長い
  • 無料動画のヘビーユーザーが1ヵ月で利用する日数は、利用者全体の2倍以上

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン・ネットビュー)のデータをもとに、2016年上半期のPCとスマートフォンの利用実態と、特に今回はスマートフォンヘビーユーザーにフォーカスし、その利用実態をまとめたレポート「Digital Trends 2016 上半期」を公開しました。

スマートフォンからのインターネット利用者数は2016年8月時点で5,697万人となり、PCからの利用者数の1.3倍の規模となりました(図表1)。スマートフォンの利用者を、利用時間が長い順に並べ、上位20%をヘビーユーザー、下位の20%をライトユーザー、残りの60%をミドルユーザーに分けると、利用時間が長いほど34歳以下の若年女性が多くなり、ヘビーユーザーでは32%を占めました(図表2)。また、利用時間に占める各サービスカテゴリのシェアをユーザー層の間で比較すると、ヘビーユーザーは「ソーシャルネットワーク」や「ゲーム」が占める割合が高くなっていました(図表3)。

次に、動画サービスのヘビーユーザーを見ると、図表にはありませんが1回あたりに利用する時間に大きな違いは見られませんでした。しかし、1ヵ月の間に利用する日数では、ヘビーユーザーは利用者全体の2倍以上の日数で利用していました。特に無料動画では、利用者全体では1ヵ月間のうち平均して8日利用するのに対して、ヘビーユーザーは平均20日利用していました(図表4)。

当社シニアアナリストの高木史朗は、次のように述べています。「スマートフォンの利用状況を全体からみると、シニア層の利用者数が増えていますが、ヘビーユーザーに絞ってみると若年女性が中心となっています。マーケティングにおいてユーザーをセグメンテーションしコミュニケーションプランを立てることは一般的ですが、サイトやアプリにおいても同様に考えることができます。例えば、ヘビーユーザーの特徴を把握し同じような属性のミドルユーザーの利用を促進する、といった具体的な目的に落とし込むことで、効果的なサイト改善やコミュニケーションの設計を立案できるようになるでしょう。その際に重要なのは、サービス利用を“習慣化”させることです。今回は動画にフォーカスして利用状況をみましたが、ヘビーユーザーがそのサービスを習慣的に利用している点は非常に重要です。生活時間は限られているため、1日の中で利用時間を増やすには限度があります。ヘビーユーザー分析から得られる知見をもとに、サービスの利用を習慣化させるという視点で、消費者との関係を深める策を考えていくことが必要でしょう」。

Nielsen Mobile NetViewについて
Nielsen Mobile NetViewは日本全国の8,000名(iOS、Android各4,000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成されます。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、アプリやウェブサイトの利用時間や利用頻度などの正確な利用動向データの提供が可能です。また、利用者属性情報を含むパネル調査であるため、属性別の利用状況を把握できます。データは、ウェブサイトの訪問、アプリの利用もしくはスマートフォン全体での利用状況を参照することができ、また、利用者属性、OS、電話会社、デバイスなどのフィルターを使用してデータを抽出することもできます。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。http://www.netratings.co.jp/solution/nielsen_mobile_netview.html

Nielsen NetViewについて
Nielsen NetViewは、日本全国に4万名以上のオンライン視聴者パネルを構築し、データを収集、報告しています。また、ニールセンの視聴率パネルは家庭のみならず、日本で唯一、職場にも2,200名以上のパネルを構築していますので、日本全体のPCでのインターネット利用動向を俯瞰することができます。同一条件で測定される視聴率情報であるがゆえに、自社サイトの利用状況や利用者属性の把握のみならず、競合サイトの利用状況との比較もでき、かつ、日本全体あるいは業界内での自社のポジショニングを確認することもできます。時系列データの抽出や、他サイトとの重複利用状況を抽出するなどの豊富なツールも実装されています。サービスの詳細はウェブサイトでもご覧いただけます。http://www.netratings.co.jp/solution/netview.html

 

お問い合わせ
中川奈津子、コミュニケーションズ 
Tel:      +81 3 6837 6549
Email:  JPNwebmaster@nielsen.com