インサイト

日経「最新マーケティングの教科書2018」に掲載
ニュース

日経「最新マーケティングの教科書2018」に掲載

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”pagePath”:”http://www.nielsen.com/jp/ja/insights.html?pageNum=1″,”title”:”u30a4u30f3u30b5u30a4u30c8″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

11/2に発売された日経BP社・刊「最新マーケティングの教科書2018」に、ニールセン・ニューロサイエンスが取材協力しました。

累計10万部のヒットとなった同書の最新版では、デジタルマーケティングの “今” を理解するのに欠かせないキーワードのひとつとして「ニューロ サイエンス マーケティング」が選ばれ、消費者の反応を包括的に把握する方法としてニールセンの手法やケーススタディ、設備を刷新した高輪ラボ(既報)が紹介されています。

「さまざまな計測手法による調査と市場売り上げとの相関」

ニューロサイエンスの手法によって計測されたデータを組み合わせることで商品の売り上げデータがよりよく説明できることがわかっています。


調査対象者の頭部に32個のセンサーをつけ、動画や画像を見た際の脳波(EEG)を計測すると同時に、アイトラッキングで視線計測している様子。