インサイト

「スマートニュース」、「グノシー」アプリの利用者数が1年間で500万人以上増加
ニュース

「スマートニュース」、「グノシー」アプリの利用者数が1年間で500万人以上増加

~ニールセン 「総合ニュース」サービスの利用状況を発表~

  • 総利用時間上位10カテゴリーのうち1年間で利用者数が最も増加したのは「総合ニュース」
  • 「スマートニュース」、「グノシー」アプリ共に、18-49歳女性の利用者率が増加
  • 「スマートニュース」、「グノシー」アプリを併用する人が1年間で14%から27%に大幅増加

視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView) 」のデータをもとに、「総合ニュース」サービスの利用状況を発表しました。

スマートフォンの総利用時間シェアの上位10サブカテゴリーの2019年8月の利用者数を昨年と比べると、「総合ニュース」の増加数が最も多く、204万人が増加し4,893万人となっていました。「総合ニュース」カテゴリーのうち上位5サービスの1年間の利用者数推移をみると、全てのサービスで利用者数が増加していました。特に、ニュースアプリサービスの「スマートニュース」と「グノシー」の増加数が大きく、共に利用者数が500万人以上増加していました(図表1)。

利用者数の変化が大きかった「スマートニュース」と「グノシー」の性年代構成比の1年間の変化をみると、2018年8月時点では共に男性の割合が半数を超えていましたが、2019年8月時点では男女比がほぼ半々になっていました。共に女性の中でも18-49歳の割合が増加していました(図表2)。

最後に、「スマートニュース」と「グノシー」の重複利用状況をみると、両方のサービスを利用している人が最も増加(374万人)し、どちらかのサービスをひとつでも利用している人を母数としたとき、両サービスを利用している人の割合は2018年8月の14%から2019年8月時点では27%に増加していました。片方のサービスだけを利用している人をみると、「スマートニュース」のみ利用している人の増加が大きく、1年間で200万人以上増加していました(図表3)。

当社シニアアナリストの高木史朗は、次のように述べています。「スマートフォン利用者数の増加が鈍化する中、この2年間で利用者数が最も増えていたカテゴリーは『総合ニュース』でした。その中でも特に注目すべき点は、2018年よりクーポンの提供を開始した『スマートニュース』と『グノシー』が共に利用者数を伸ばしていた点です。既存のニュースというコンテンツだけでなく、利用者にとってメリットのある機能としてクーポンの提供を開始したことによる効果が大きく出ていると考えられます。一般的にアプリケーションは、カテゴリーのうち1つのサービスだけを利用する人が多いですが、ユーザーとしては複数アプリを利用することになったとしても、より多くのクーポンを利用できることの方がメリットが大きくなります。そのため、両社が利用者を奪い合うのではなく、併用者を増やしながら共に拡大している状況にあると考えられます。しかし、提供するクーポンの種類や内容が変わると、ユーザーが片方のサービスだけを利用したり、両方のアプリを入れていても片方のサービスばかり利用するようになる可能性も考えられます。既にクーポンを提供しているサービスはニュースアプリ以外にも増えてきている状況で、今後の各サービスの利用者数や利用頻度に注視していく必要があるでしょう。

広告主としては、ニュースサービスは中高年男性の利用が多かった中、これまで利用率が低かった若年女性が増加したことで、幅広い層にリーチできるメディアが増えたことになります。『中高年の利用が多い』といった各メディアに対するイメージではなく、最新の各メディアの利用状況を正確に把握することが重要です。また、クーポンを目的に利用する人が増えると、広告に対する反応が変化する可能性があります。そのため、メディアの視聴時間なども参考にしながら、キャンペーン目的に合わせてコミュニケーションプランを考えていくことが重要でしょう。」

ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView)について

ニールセン モバイル ネットビューは日本全国の8,000名(iOS、Android各4,000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成されます。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、アプリやウェブサイトの利用時間や利用頻度などの正確な利用動向データの提供が可能です。また、利用者属性情報を含むパネル調査であるため、属性別の利用状況を把握できます。データは、ウェブサイトの訪問、アプリの利用もしくはスマートフォン全体での利用状況を参照することができ、また、利用者属性、OS、電話会社、デバイスなどのフィルターを使用してデータを抽出することもできます。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。http://www.netratings.co.jp/solution/nielsen_mobile_netview.html