インサイト

中規模都市はASEANの成長の柱
レポート

中規模都市はASEANの成長の柱

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u3000u3000″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

ジャカルタ、マニラ、バンコクなどの大都市がASEANの成長の唯一の推進力であると一般的に信じられていますが、人口50万〜500万人のASEANの中規模都市が次の大きな成長の柱です。

ASEANの7大経済圏内の700以上の都市と地域での、チョコレート、インスタントラーメン、炭酸ソフトドリンク、ビール、たばこ、シャンプー、洗濯洗剤、ベビーおむつ、フェイシャルモイスチャライザー、ビタミンなど最も一般的な10の商品カテゴリーについての現在と将来の消費需要を予測しました

ASEANの多様な消費者と市場のダイナミクスについてのレポート『RETHINKING ASEAN』は、以下よりダウンロードしていただけます。
ニールセン 『ASEANを再考する(RETHINKING ASEAN)』【英語版】