プレスリリース

ニールセン ジャパン 体重意識や健康的な食生活に関する調査結果を発表

{“order”:0,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveSyncCancelled]”,”cq:isCancelledForChildren”:”{Boolean}true”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

図表の入ったリリースはこちら

● 日本で、「やせようと思っている」人の割合は世界で4番目に少ない ­­­
    – 自分は「適正体重である」(日本:45%、世界平均:36%)
    – 「今、やせようと思っていない」(日本:62%、世界平均:52%)

● やせるための手段
    – 「ダイエットタブレット、ダイエットバー、ダイエットシェイクを利用」と答えた割合が世界 で一番高い(日本:22%、世界平均:13%)

● やせるための食生活
    – 日本で最も多くの人が実行しているのは「脂肪分の摂取を減らす」(日本:56%、世界平 均:70%)
    – 「自然食品や生鮮食品の摂取を増やす」と答えた人は世界で最も少ない(日本:30%、世界 平均:55%)

● 健康のために購入する食べ物と購入頻度
    – 世界平均より購入頻度は少ない傾向にあるが、「善玉菌を含む発酵飲料」の購入は世界平均 を若干上回る
      (「定期的に買う」+「時々買う」の割合:日本:57%、世界平均:53%)

東京発:ニールセン・カンパニー合同会社(本社:港区白金台 / 職務執行者 シンディ・シン)は、体重意識や健康的な食生活に関するニールセン グローバル調査結果を発表し ました。 調査結果の総評として、ニールセン ジャパン、コンシューマー リサーチ、シニアマネージャーの 柳橋武志は以下のように述べています。
「世界の人々に比べると日本は、自分のことを適正体重だと思っている人が多いことがわかります。 これが裏付けとなり、今やせようと思っていない人の割合は、他の地域より高くなっています。その ため、やせるために食生活で気をつけていることや、健康に気遣って摂取している食べ物は少ないよ うです。やせるための手段では、食べ物よりもダイエットサプリメントなど、具体的な効果を謳って いるものを好む人が比較的多くなっています。 これらのことから、日本は世界の人々に比べると、減量や健康に対しては、普段の食生活だけでなく、 錠剤、固形、飲料などのダイエットサプリメント(健康補助食品)をうまく活用して対応している傾 向にあると言えるでしょう。」 体重意識や食生活に関する調査の、おもな結果は以下のとおりです。

■自分の体重について、半数近くが「適正」だと考え、6 割以上は痩せるつもりがない 
自分の体重についてどう思うかを聞いたところ、45%の人が「適正」であると答えています、これは フィリピン(56%)、ルーマニア(50%)等に続き、調査対象国 56 カ国内で 7 番目に高い数値とな っています。また、「痩せるつもりはない」と答えた人も、ラトビア(67%)、ハンガリー(66%) 等に続き、4 位で、62%となっています。

■やせるための手段—「ダイエットタブレット、ダイエットバー、ダイエットシェイクを利用」 (22%)と答えた割合は世界で最も高い
やせるための手段としては、他国と同様、「食生活の変更」(日本:73%、世界平均:78%)や「運 動をする」(日本:67%、世界平均:69%)を選んだ人が多い傾向となっています。一方「ダイエッ トタブレット、ダイエットバー、ダイエットシェイクを利用」(日本:22%、世界平均:13%)する と答えた人は調査対象国中、最も高い割合となっています。

■やせるために食生活で変えていること—各項目とも、世界平均よりは少ない数値。
やせるために、「食生活を変更」していると答えた人に、その内容をたずねたところ、全体的に世界 平均よりは少ない数値でしたが、「脂肪分の摂取を減らす」(56%)が選択肢の中ではもっとも高い 数値となりました。一方、「自然食品や生鮮食品の摂取を増やす」については、世界で最も少ない数 値(30%)で、世界平均(55%)より大幅に低くなっています。

■健康のために購入する食べ物と購入頻度
上記の「やせるために食生活で変えていること」の回答傾向と同様に、世界平均に比べると数値が小 さくなっています。そのなかで、唯一「善玉菌を含む発酵飲料」は世界平均を若干上回っています。 (「定期的に買う」+「ときどき買う」の合計。日本:57%、世界平均:53%)

体重意識や健康的な食生活に関するニールセン グローバル調査について
体重意識や食生活に関するニールセン グローバル調査(2011 年 8 月 30 日~9 月 16 日実施)では、ア ジア太平洋、欧州、ラテンアメリカ、中東、アフリカ、北米の世界 56 カ国 28000 名以上の 15 歳以上 の消費者を対象に実施しました。サンプル数はインターネットのユーザーをベースに、各地域の年齢 や性別によって割当てられ、インターネットを利用する消費者を代表するように割り付けられています。

ニールセンについて
ニールセン・ホールディングス N.V.(NYSE:NLSN)は世界的な情報・メディア企業で、マーケティン グ及び消費者情報、テレビ等のメディア情報、オンライン情報、モバイル情報、トレードショーやそ れに関連した分野でリーダー的地位を確立しています。アメリカ・ニューヨークとオランダ・ディー メンに本社を持ち、世界 100 カ国以上でビジネスを展開しています。詳細は、ホームページ (www.nielsen.com)をご覧ください。

お問い合わせ先
コミュニケーションズ
E メール:JPNwebmaster@nielsen.com
電話: 03­5798­9353
ファックス: 03­5798­9441