プレスリリース

東南アジアで最も人気のあるスマートフォンアプリはフェイスブック  ニールセン、東南アジアのスマートフォンアプリランキングを発表

{“order”:0,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveSyncCancelled]”,”cq:isCancelledForChildren”:”{Boolean}true”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

図表の入ったリリースはこちら

ニールセン シンガポール報道発表資料をもとに作成:2013年9月26日 メディア視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:武智 清訓)は、東南アジア地域におけるスマートフォンアプリランキング1位は、世界で最も成功しているソーシャルメディアプラットフォームであるフェイスブックであったことを発表しました。

ニールセン・インフォメイト・モバイルインサイトは、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイにおいて東南アジア地域のスマートフォンアプリのトップ10ランキング調査を行い、アプリの普及率及び1ヶ月の平均利用時間を基に、この地域における各アプリの人気度を測定しました。

フェイスブックは、この4市場のうち3市場(インドネシア、マレーシア、フィリピン)において最も人気のあるアプリとして1位を獲得し 、タイでもメッセージ用アプリで人気の高い日本のLINE(ライン)に続き2位にランクインしています。その他、この地域で人気のアプリは、Google Play Store、YouTube、LINE(ライン)でしたが、これらのアプリは、この4市場においてすべて10位以内に入っています。ゲームアプリのCandy Crush Sagaは、3市場(タイ、マレーシア、フィリピン)において10位にランクしているため、成功を収めたアプリの一例と言えるでしょう。

東南アジア地域では、スマートフォン所有者は平均して1日におよそ45分間アプリを利用しているという結果が出ました。アプリ利用時間が最も長いのはマレーシア(1日に66分間)で、続いてタイ(1日に46分間)、フィリピン(1日に41分間)、インドネシア(1日に40分間)でした。

ニールセン 東南アジア・北アジア・太平洋地域 テレコム&テクノロジープラクティスのディレクター、サガール パドケーは次のように述べています。「近年競争が激化したモバイル市場においては、アプリの重要性や影響力が急増しています。アジアのスマートフォンユーザーは、アプリ利用率が非常に高く、アプリ利用者は急激に増えています。つまりマーケターにとって、アプリは消費者と持続的なつながりを築く素晴らしいチャンスを示しているといえるでしょう。」

ニールセン・インフォメイト・モバイルインサイトについて
ニールセン・インフォメイト・モバイルインサイトは、Android、BlackBerry、Symbianの各OSに対応した画期的なスマートフォンメーター技術を活用し、スマートフォンユーザーがアプリ、コミュニケーション、ウェブ閲覧、エンターテインメントに費やす時間などから、利用パターンについての洞察を提供しています。スマートフォンメーターは24時間365日リアルタイムで計測し、消費者行動の理解、製品やマーケティング戦略を開発する手助けをします。ニールセン インフォメイト モバイルインサイトはインド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイで、オプトイン・スマートフォン・パネルを保有しています。ニールセン・インフォメイト・モバイルインサイトは、ニールセン・ホールディングスN.V.(NYSE: NLSN)とインフォメイト・モバイルインテリジェンスの提携によるものです。

###

【ニールセン株式会社会社概要】
会社名: ニールセン株式会社  英文社名: Nielsen Co., Ltd.
本社所在地: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-25-18 渋谷ガーデンフロント
資本金: 1億円
設立: 1999年5月
代表者: 代表取締役会長兼CEO 福徳 俊弘
             代表取締役社長兼COO 武智 清訓
主要株主 :ニールセン、 トランスコスモス株式会社 など

ニールセン株式会社はニールセン、トランスコスモス株式会社などの出資による合弁会社です。ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析、広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、及び分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い信頼性の評価をいただいております。ニールセン株式会社のサービス概要、及び会社概要は、http://www.netratings.co.jp/ でご覧いただけます。

ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン・カンパニー合同会社です。

消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。ニールセン・カンパニー合同会社のサービス概要、及び会社概要は、http://jp.nielsen.com/site/index.shtml  でご覧いただけます。

ニールセンについて
ニールセン・ホールディングスN.V.(NYSE:NLSN)は世界的な情報・調査会社で、マーケティング及び消費者情報、テレビ等のメディア情報、オンライン情報、モバイル情報、トレードショーやそれに関連した分野でリーダー的地位を確立しています。アメリカ・ニューヨークとオランダ・ディーメンに本社を持ち、世界100カ国以上でビジネスを展開しています。詳細は、ホームページ(www.nielsen.com)をご覧ください。

ニールセン株式会社が提供しているソリューションと主な製品サービス

視聴者分析ソリューション
インターネット視聴率データ Nielsen NetView
スマートフォン視聴率データ Nielsen Mobile NetView
スマートフォン・メディア利用実態調査レポート など

広告分析ソリューション
広告効果分析サービス Ad Effectiveness など

###

本件に関するお問い合わせ先:
ニールセン株式会社 広報担当 西村 総一郎
電話:(03)4363-4200
e-mail: jpw_press@nielsen.com