プレスリリース

ニールセン スマートフォン利用状況分析レポート  Nielsen Smartphone Analyticsの提供を開始

{“order”:0,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveRelationship,cq:LiveSyncCancelled]”,”cq:isCancelledForChildren”:”{Boolean}true”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveRelationship]”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

図表の入ったプレスリリースはこちら

● 利用端末により充電回数に差
● 動画アプリにおける一人あたりのデータ使用量はwifi経由がキャリア回線経由を大きく上回る

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 COO:武智清訓)は、本日、スマートフォン利用状況分析レポートSmartphone Analyticsの提供開始を発表しました。

Nielsen Smartphone Analytics(ニールセン スマートフォン・アナリティクス、以下Smartphone Analytics)は、昨年、ニールセンが提供を開始した日本唯一のiOSとAndroidの2大OSの視聴状況をレポートするスマートフォン視聴率Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイル・ネットビュー、以下Mobile Netview)と同様に調査協力モニターのスマートフォンに搭載したメーターにより、日本国内のスマートフォン・デバイスの利用動向をリアルタイムに計測します。調査協力モニターより収集したデータは統計処理を施し、バッテリーの利用状況、接続回線種別利用状況(Wifiもしくはキャリア回線)、CPUやメモリーの利用状況などを携帯電話会社別/端末機種別、もしくはアプリ別にレポートします。

Mobile NetViewがスマートフォンユーザーのアプリやウェブサイトの利用状況をレポートするマーケティング情報であるのに対し、Smartphone Analyticsはデバイスの利用状況や回線の利用状況をレポートすることで携帯電話会社やデバイスメーカー及びアプリ開発会社の事業戦略や開発戦略策定をサポートする端末利用情報をご提供します。

Smartphone Analytics2014年2月データから利用者のスマートフォン端末別の1日あたりの平均充電回数をみると、ハイスペックな“全部入りスマホ”として発売されていたArrows Xの利用者の69%が日に5回以上充電をしていることがわかりました。また、Xperia Aでは1回から2回の充電をする利用者が最も多く48%、Galaxy S Ⅲでは1回から2回、3回から4回、5回以上がそれぞれ30%程度となっており、利用端末ごとに差がみられました。

次いで、主要なアプリにおける一人あたりのデータ使用量を接続回線別(wifi経由、および、キャリア回線経由別)にみると、動画関連アプリではwifi経由でのデータ使用量がキャリア回線経由を大きく上回っており、利用者が視聴品質やファイル容量を気にかけながら、移動中などよりも落ち着いた環境で動画を楽しんでいる状況がうかがえました。一方、コミュニケーション関連アプリではキャリア回線からのデータ使用量が多く、回線の状況を気にすることなく思いついたときにアプリを利用している状況がわかります。ストリーミングラジオ、ブラウザでは、利用者属性やアプリの使用目的によって接続回線の利用状況が異なっているようです。

ニールセン株式会社代表取締役社長の武智清訓は「現在、スマートフォン市場は携帯電話会社間、端末メーカー間、あるいはアプリケーション開発においても競争が激化しています。スマートフォンの実際の利用環境におけるバッテリー使用状況を知り、ユーザーのバッテリー持続性に対する不満の解消を図ることや、接続回線種別に最適化されたアプリの提供をおこなうことでユーザー・エクスペリエンスの向上を図ることができます。ニールセンはSmartphone Analyticsにより携帯電話会社やデバイスメーカー、アプリ開発会社のビジネス判断をサポートすることで、日本の携帯電話市場の発展に寄与したいと考えています。」と述べています。

Nielsen Smartphone Analytics(ニールセン スマートフォン・アナリティクス)について
Nielsen Smartphone Analyticsは日本全国の4,000名(iOS、Android各2,000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報や端末/ネットワーク利用状況を元に作成されます。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、携帯電話会社/携帯端末/アプリやウェブサイト毎の回線種別の使用状況、バッテリーの使用状況、CPUの使用状況、日別、曜日別、時間帯別の利用状況をメーターで計測し、正確にレポートしています。データは、利用者属性、OS、携帯電話会社、回線種別、デバイスメーカー、デバイス種別などのセグメント別に抽出することができます。

サービスの詳細は、下記ウェブサイトでもご覧いただけます。 http://www.netratings.co.jp/solution/nielsen_smartphone_analytics.html

###

【ニールセン株式会社 会社概要】 
会社名: ニールセン株式会社  英文社名: Nielsen Co., Ltd.
本社所在地: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-25-18 渋谷ガーデンフロント
資本金: 1億円
設立:  1999年5月
代表者: 代表取締役会長兼CEO 福徳 俊弘
            代表取締役社長兼COO 武智 清訓
主要株主 :ニールセン、 トランスコスモス株式会社 など

ニールセン株式会社はニールセン、トランスコスモス株式会社などの出資による合弁会社です。ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、及び分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいております。ニールセン株式会社のサービス概要、及び会社概要は、http://www.netratings.co.jp/ でご覧いただけます。

ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン・カンパニー合同会社です。消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。詳細は、ホームページ(http://www.nielsen.com/jp/ja.html) でご覧いただけます。

ニールセンについて
ニールセン・ホールディングスN.V.(NYSE:NLSN)は世界的な情報・調査会社で、マーケティング及び消費者情報、テレビ等のメディア情報、オンライン情報、モバイル情報の分野でリーダー的地位を確立しています。アメリカ・ニューヨークとオランダ・ディーメンに本社を持ち、世界100カ国以上でビジネスを展開しています。詳細は、ホームページ(www.nielsen.com)をご覧ください。

ニールセン株式会社が提供しているソリューションと主な製品サービス
視聴者分析ソリューション
インターネット視聴率データ Nielsen NetView
スマートフォン視聴率データ Nielsen Mobile NetView
検索サービス利用データ Nielsen MegaView Search など

広告分析ソリューション
広告効果分析サービス Nielsen Online Brand Effect
オンライン広告リーチ測定 リーチ&フリケンシー など

お問い合わせ
中川奈津子、コミュニケーションズ 
Tel:  +81 3 6837 6549
Email: JPNwebmaster@nielsen.com