プレスリリース

ニールセン、米国のテレビ・インターネット・ラジオにおけるスポーツコンテンツ視聴動向レポート 2014年版を発表

{“order”:0,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveRelationship,cq:LiveSyncCancelled]”,”cq:isCancelledForChildren”:”{Boolean}true”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

図表入りのプレスリリースはこちら
関連資料: 米国のスポーツコンテンツ視聴動向レポート 2014年度版についてまとめたレポートはこちら

2013年第2四半期(4-6月期)から2014年同期にかけての米国内のデジタル動画視聴は、13-34歳で53%、35-49歳で80%、50-64歳で60%と大きく伸長
● PCからのスポーツ関連動画視聴において一人あたりの月間平均ストリーミング視聴時間は、2014年4月(NBAプレーオフ、March Madness)に68.4分、7月(FIFA World Cup)に76.6分と利用が拡大

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社は、米国市場における主要なスポーツに関するメディア動向、広告トレンド、消費者傾向をまとめた『米国のテレビ・インターネット・ラジオにおけるスポーツコンテンツ視聴動向レポート 2014年版』を発表しました。

2014年のデジタル視聴
メディアコンテンツは、もはやテレビと同義ではありません。テクノロジーの発展に伴い、メディアコンテンツはあらゆるデバイスから、いつでも、どこでも消費できるものへと変わりました。職場でも通勤中でも屋外でも、これほど多様な視聴手段をいとも簡単に利用できる時代など、未だかつてなく、2013年第2四半期(4-6月期)から2014年同期にかけての米国内のデジタル動画視聴は、13-34歳で53%、35-49歳で80%、50-64歳で60%と大きく伸長しました。
中でもスポーツ関連コンテンツの消費がこの1年を通して急速に拡大し、一人あたりの月間平均ストリーミング視聴時間は、2014年4月(NBAプレーオフ、March Madness)に68.4分、7月(FIFA World Cup)に76.6分となりました。

スポーツファンの視聴動向
2014年第3四半期(7-9月期)にスマートフォンまたはPCからスポーツコンテンツを視聴した人は7,000万人を数えますが、その上位20%による視聴時間は全体の85%を占めており、上位21~40%が視聴する時間と比べても8倍以上の長さとなっています。
熱狂的なスポーツファンは、スポーツコンテンツの「スーパーコンシューマー」といえます。

冬季オリンピック
NBCは、冬季Olympic放送で史上最長の1,500時間を超える番組コンテンツをオンライン、モバイルアプリ、テレビで配信しました。NBCが提供したソチOlympic関連コンテンツ全体の総視聴者数は2億4230万人に達し、2010年のバンクーバー大会から350万人の上乗せとなりました。
ソチ大会ではクロスプラットフォーム視聴がかつてないほど盛んに行われ、NBCのデジタルコンテンツ総視聴時間もユニーク視聴者数も、バンクーバー大会の3倍以上となりました。

FIFA ワールドカップ
今大会、米国にもFIFA World Cupの熱狂がもたらされ、6月12日から7月13日までの大会期間中、史上最多となる1億1,900万人、あるいは全人口の40.4%が、FIFA World Cupの試合を観戦しました。2006年大会に比べると32.2%増加しており、その多くを女性視聴者が占めました。
そしてモバイルでのストリーミング視聴においては、前回大会に比べてUNIVISIONでの視聴者数は4倍超に伸び、WATCH ESPNでは視聴時間が3倍以上に伸長しました。

ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)
視聴率はとくに女性ファンの間で堅調に推移し、また「アメリカズ・チーム」とも呼ばれるDallas Cowboysの復活も視聴者数の引き上げに大きく貢献しました。地元での視聴率は、2013年比でほぼ10%上昇しています。
Super Bowl 2013への出場にも後押しされ、地元シアトルでSeahawksを応援するファンは全人口の71%と、前年から27%増加しました。これは過去10年間のNFLファン人口統計で最も大きな伸び率です。

「米国のテレビ・インターネット・ラジオにおけるスポーツコンテンツ視聴動向レポート」についての詳細は、以下までお問い合わせください。

ニールセン株式会社 セールス&アナリティクス  
Tel:03-4363-4201
Email:jpw_ClientServices@nielsen.com

###

【ニールセン株式会社 会社概要】
会社名: ニールセン株式会社  英文社名: Nielsen Co., Ltd.
本社所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-25-18 渋谷ガーデンフロント
資本金: 1億円
設立:1999年5月
代表者: 代表取締役会長兼CEO 福徳 俊弘
       代表取締役社長兼COO 宮本 淳
主要株主: ニールセン、 トランスコスモス株式会社 など

ニールセン株式会社はニールセン、トランスコスモス株式会社などの出資による合弁会社です。ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、及び分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいております。ニールセン株式会社のサービス概要、及び会社概要は、http://www.netratings.co.jp/ でご覧いただけます。

ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン・カンパニー合同会社です。

消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。詳細は、ホームページ(http://www.nielsen.com/jp/ja.html) でご覧いただけます。

ニールセンについて
ニールセン ホールディングス Plc.(NYSE: NLSN)は世界的な情報・調査会社で、マーケティング及び消費者情報、テレビ等のメディア情報、オンライン情報、モバイル情報の分野でリーダー的地位を確立しています。アメリカ・ニューヨークとオランダ・ディーメンに本社を持ち、世界100ヵ国以上でビジネスを展開しています。詳細は、ホームページ(www.nielsen.com)をご覧ください。

ニールセン株式会社が提供しているソリューションと主な製品サービス

視聴者分析ソリューション
インターネット視聴率データ Nielsen NetView
スマートフォン視聴率データ Nielsen Mobile NetView
スマートフォン利用状況分析レポート Nielsen Smartphone Analytics
検索サービス利用データ Nielsen MegaView Search など

広告分析ソリューション
広告効果分析サービス Nielsen Online Brand Effect
オンライン広告リーチ測定 リーチ&フリケンシー など

お問い合わせ
中川奈津子、コミュニケーションズ 
Tel:      +81 3 6837 6549
Email:  JPNwebmaster@nielsen.com