プレスリリース

ニールセン 消費者のマルチスクリーン利用状況を発表

{“order”:0,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveSyncCancelled]”,”cq:isCancelledForChildren”:”{Boolean}true”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

図表入りのプレスリリースはこちら

スマートフォンで家族や友人とコミュニケーションし、パソコンで情報収集や買い物

  • 商品やサービスの閲覧、購入ともにオンラインショッピングはパソコンからの利用が主流
  • ただし若年層ではスマートフォンからの購入が主流
  • SVODでの動画視聴はパソコンからが最多。セットトップボックスからの利用も多い
視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社は、販売を開始した消費者のマルチスクリーンの利用動向調査「Nielsen Digital Consumer Database 2015 (ニールセン・デジタル・コンシューマー・データベース2015)」をもとにマルチスクリーンの利用状況を分析し、結果を発表しました。

まず、各デバイスの利用目的を見ると、パソコンでは1位と2位が「必要な知識・情報を得るため」、「新しい知識・情報や面白い情報を得るため」という情報の取得となり、3位、4位には「商品やサービスを購入するため」、「買い物に関する情報を得るため」というショッピングに関連した利用、5位はエンターテイメントを楽しむための利用となっていました。一方、スマートフォンでは家族や友人とのコミュニケーション、移動の際のナビゲーション、空いた時間を埋める、そして写真や動画を撮影するために利用されており、各スクリーンでの利用目的が異なっていることがわかりました。

次に、ショッピングでのパソコンとスマートフォンの利用状況をみると、閲覧、購入ともに最も利用されるのはパソコンで60%弱利用されており、スマートフォンは全体では35%となりました。年代別に、購入の際に利用するデバイスをみると、若年層はスマートフォンの利用比率が高く、逆に50代以上では80%以上がパソコンで買い物をするという結果になりました。

最後に動画関連の利用状況を見ると、最も利用率が高かったのは無料動画となり、有料動画の利用は視聴コンテンツごとに支払うPPV (Pay Per View)、および月額で一定料金を支払うSVOD (Subscription based Video On Demand)とも10%以下と低くなっていました。視聴に最も利用されているスクリーンはパソコンで、長尺なコンテンツの多い有料動画のほうが無料動画よりパソコンとスマートフォンの利用率に差がみられました。また、SVODではほかの動画サービスと比べ、セットトップボックスからの利用が多いことが特徴となっています。

エグゼクティブアナリストの中村義哉は次のように述べています。「スマートフォンが人々の生活に欠かせないデバイスとなり、スマートフォンを中心としたインターネットサービスの利用が定着し始めていますが、それが既存のスクリーンの役割の全てを代替するには至っていないことがわかりました。現状の各スクリーンの利用状況を考えると、年代別でメインで利用するデバイスの違いはありますが、腰を据えてじっくりと何かをしようとするとパソコンが、思いたったときに場所を選ばすに行動をしようとするとスマートフォンが選ばれるという傾向にあり、生活者はそれを自分のスタイルに合わせ最適に使い分けています。したがって企業も単純に話題のスクリーンに注目するのではなく、自社商品やサービスについての情報がどのように取得され、その後どのように購入されるのかを把握し、最適なコミュニケーションを設計していくことが重要となります」。

Nielsen Digital Consumer Database 2015について
Nielsen Digital Consumer Databaseは、デバイス(スクリーン)とコンテンツ(サービス)の両面から、その利用状況を調査することで、今日の消費者が、「どのデバイスから」「何を視聴し、どんなサービスを利用」しているのかを俯瞰できる基礎調査データです。
本調査は2015年9月29日~10月1日にかけて実施され、パソコン、従来型携帯電話、スマートフォン、タブレットのいずれかのデバイスを通して月1回以上インターネットを利用している日本全国の15歳(高校生)以上の男女、計2,758人を対象に調査を行いました。サンプル数は、上記4デバイスからのインターネット利用者の人口構成比によって割り当てられ、インターネットユーザーを代表するように割りつけられています。

お問い合わせ
中川奈津子、コミュニケーションズ 
Tel:      +81 3 6837 6549
Email:  JPNwebmaster@nielsen.com