プレスリリース

ニールセン、DIGITAL AD RATINGSのGOOGLE DOUBLECLICK 対応ベータテストを完了、正式運用開始

{“order”:0,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveSyncCancelled]”,”cq:isCancelledForChildren”:”{Boolean}true”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

関連ページ: Nielsen digital ad ratings completes successful Doubleclick beta period はこちら

世界的な調査企業ニールセンは、2016年1月26日、カリフォルニア州パームデザートで開催されたInteractive Advertising Bureau(IAB)主催Annual Leadership Meetingにて、ニールセンが提供する Digital Ad Ratings (デジタル広告視聴率)についてGoogle DoubleClickとのベータテストを完了し、正式運用に移行すると発表しました。Digital Ad Ratingsは現在アメリカ、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、オーストラリアとブラジルでGoogleのDoubleClick Bid ManagerとDoubleClick Campaign Managerに統合され、利用できます。そして、アメリカで提供されているDigital Ad Ratingsと統合されたDoubleClick for Publishersは業界初となるキャンペーンオーディエンス測定ソリューションで、DoubleClickが提供されている一部の国際市場でもサービスを開始します。

Nielsen Digital Ad Ratingsのベータテスト完了によりGoogle DoubleClick Bid Managerと DoubleClick Campaign Managerの利用者は今後、テレビ視聴率と直接比較が可能な指標を用いたグローバル規模のデジタルメディア視聴測定が可能になります。DoubleClickのシームレスな広告キャンペーンのタグ付けにより利用者はキャンペーン実施期間におけるキャンペーン効果効率の最適化に加え、成果保証型広告枠の買付けをより明確に管理することができます。

ベータテスト完了というニールセン発表に対し、Googleのブランド測定ソリューション担当ディレクター、ジェイソン・ミラーは「製品イノベーションの推進やニールセンを代表とする視聴測定パートナー企業との協業を通じ、当社はブランドを対象とした様々な視聴測定ソリューションに多額の投資をおこなってきました。世界屈指のプログラマティック動画プラットフォームに成長したDoubleClickがNielsen Digital Ad Ratingsを採用したシームレスなオーディエンス測定を提供することは、テレビと動画の両方を利用したキャンペーンの実施を検討している広告主にとって非常に大きな意義があります」とコメントしています。

ニールセンのグローバル製品リーダーシップ担当 EVP、メーガン・クラーケンは「当社の Digital Ad Ratings がデジタル広告キャンペーン測定において重要な役割を果たすこととなり、非常に嬉しく思っています。DoubleClickとの統合を通して、ニールセンとGoogleの両社の顧客は従来よりも容易にキャンペーン効果を評価できるようになり、これが両社の価値をさらに高めることにつながるでしょう。全ての広告、コンテンツを対象としたトータルオーディエンス測定を実現させるためにも、ニールセンは今後、DoubleClickで提供されるDigital Ad Ratings をさらに拡充する計画を立てています」と述べています。

日本を含む世界のデジタル総広告費85%を占める17市場で提供されているNielsen Digital Ad Ratingsは、テレビとの直接比較が可能なオーディエンス測定指標を広告主に提供することで、広告キャンペーンの“トータルオーディエンス”の把握を可能にする業界唯一の視聴測定ソリューションです。さらに、アメリカ、イギリス、イタリアおよびフランスではDigital Ad Ratingsのデータとテレビ視聴率が統合されたTotal Ad Ratingsを通じて、より正確な視聴者リーチ測定が可能となっています。

世界最大の利用者登録データベースとニールセンが所有する業界標準パネルを活用することで、Digital Ad Ratingsはデジタル広告キャンペーン実施の翌日にはキャンペーン・リーチと視聴者属性を明らかにするサービスを提供しています。全世界におけるデジタル広告視聴測定の業界標準サービスとして、アメリカの広告主上位25社のほとんどの企業に利用されています。

ニールセンは今後もモバイル広告視聴測定を含む各種ソリューションの提供市場を拡大し、全世界におけるデジタル広告キャンペーン測定の進化・発展に貢献します。

ニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)について
「ニールセン デジタル広告視聴率」は、オンライン・キャンペーンのターゲット消費者へのリーチを詳しく知りたいと願う広告主にとって最適なソリューションです。さまざまなオンライン・メディア上で展開する広告キャンペーンに接触している消費者をより良く理解する物差しを求め続けてきた広告主、広告代理店、媒体社は、このサービスを使うことで、広告効果をより正確に説明し他社との比較や検討ができるようになります。「ニールセン デジタル広告視聴率」の日本でのサービス提供は、世界最大のソーシャルネットワーキング・サービス、フェイスブック社とのパートナーシップによって実現しました。日本で2,400万人の登録者数を誇るフェイスブックの巨大なユーザー・データベースをパネルと見立て、その情報とニールセンの持つ市場代表性の高いオンライン・パネルの情報とを複合的に組み合わせることにより、日本のオンライン・ユーザーで広告に接触した人々を性別、年齢層まで把握することが可能になります。調査結果は24時間以内にオンラインのインターフェイス上に表示され、顧客企業は自社の広告キャンペーンの結果をすばやく知り、必要に応じてキャンペーンの途中でもこれを改善し最適化することが可能です。

「ニールセン デジタル広告視聴率」に関する詳細は下記URLをご覧ください。
www.netratings.co.jp/solution/DigitalAdRatings.html


お問い合わせ

中川奈津子、コミュニケーションズ 
Tel:      +81 3 6837 6549
Email:  JPNwebmaster@nielsen.com