プレスリリース

SNAPCHATが広告キャンペーンのオーディエンス測定に ニールセン デジタル広告視聴率を採用

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

関連ページ: Nielsen digital ad ratings to become standard measurement offering for Snapchat ad campaigns はこちら

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは、2016年2月25日、ニールセン デジタル視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)が Snapchat のモバイルデバイス向け3V広告のオーディエンス測定に採用されたことを発表しました。ニールセン デジタル広告視聴率の採用により、Snapchat は現行の測定サービスを拡充するとともに、第三者のプロバイダーから初の広告キャンペーン視聴測定の提供を受けることになります。

Snapchat の3V広告はフルスクリーンの縦型動画広告でDiscoverやLive Storiesサービスに関連して掲載されます。デジタル広告視聴測定サービスの業界標準として確立されたニールセン デジタル広告視聴率はPC、タブレットやスマートフォンという異なるプラットフォームをまたいだ広告キャンペーンの総デジタル視聴者数を測定、テレビ視聴率と直接比較が可能な指標で報告するサービスです。

Snapchat は今後、ニールセン デジタル広告視聴率を利用することで Snapchat 3V広告キャンペーンにおけるモバイル視聴者のリーチとフリクエンシー、視聴者属性に加え、GRPのようなテレビとデジタルメディアに共通となる指標の提供が可能になります。また、ニールセン デジタル広告視聴率の測定により、Snapchatは 3V広告キャンペーンのリーチに関するインサイトの発掘に加え、広告主に視聴者の価値を明示にすることが可能になります。

ニールセンの COO(最高執行責任者)、スティーブ・ハスカーは次のようにコメントしています。「Snapchat の3V広告は独自性の高い広告アプローチです。Snapchatが初となる標準化された広告キャンペーン測定を開始するにあたり、ニールセン デジタル広告視聴率が採用されたことを誇りに思います。Snapchatとは今後も継続して協業することになるでしょう」。

Snapchat のCSO(最高戦略責任者)、イムラン・カーン氏は、「ニールセンとの協業によって、広告を掲載する企業がSnapchat上での広告効果を日々測定できることとなり、非常に嬉しく思っています。今後、主要な視聴測定ソリューションをSnapchat というプラットフォームに集結させることに全力を注いでいきます」とコメントしました。

Snapchatが新たに発表した広告サービスGeofilterとLensについても、今後、ニールセン デジタル広告視聴率を利用した視聴測定が可能になります。今回のモバイル広告キャンペーン測定でニールセン デジタル広告視聴率が採用されたことにより、ニールセンが現在Snapchatに提供している視聴者リーチ、広告への共感度や広告に対するリアクションの測定や分析サービスがさらに拡大することとなります。

*1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2014” 調べ。

ニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)について
「ニールセン デジタル広告視聴率」は、オンライン・キャンペーンのターゲット消費者へのリーチを詳しく知りたいと願う広告主にとって最適なソリューションです。さまざまなオンライン・メディア上で展開する広告キャンペーンに接触している消費者をより良く理解する物差しを求め続けてきた広告主、広告代理店、媒体社は、このサービスを使うことで、広告効果をより正確に説明し他社との比較や検討ができるようになります。「ニールセン デジタル広告視聴率」の日本でのサービス提供は、世界最大のソーシャルネットワーキング・サービス、フェイスブック社とのパートナーシップによって実現しました。日本で2,400万人の登録者数を誇るフェイスブックの巨大なユーザー・データベースをパネルと見立て、その情報とニールセンの持つ市場代表性の高いオンライン・パネルの情報とを複合的に組み合わせることにより、日本のオンライン・ユーザーで広告に接触した人々を性別、年齢層まで把握することが可能になります。調査結果は24時間以内にオンラインのインターフェイス上に表示され、顧客企業は自社の広告キャンペーンの結果をすばやく知り、必要に応じてキャンペーンの途中でもこれを改善し最適化することが可能です。
「ニールセン デジタル広告視聴率」に関する詳細はURLをご覧ください。
www.netratings.co.jp/solution/DigitalAdRatings.html


お問い合わせ

中川奈津子、コミュニケーションズ 
Tel:      +81 3 6837 6549
Email:  JPNwebmaster@nielsen.com