プレスリリース

ニールセン アジア太平洋のビジネスリーダーへの意識調査結果を発表 未来を生き抜くために、今のビジネスモデルに大きな変化を

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

図表入りのプレスリリースはこちら
関連資料: レポート『アジア2020 ~前進か、備えか、それとも悲観か』 【英語版】 はこちら
関連ページ: Asia Pacific business leaders predict significant changes are required to today’s business model to ensure survival in the future はこちら

  •  ビジネスリーダーの78%が5年以内に自らの業界が大きな変化を経験すると予想
  •  未来の小売環境における最も重要な要素はオンラインとEコマース

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンが今日発表した新しい調査結果によると、アジア太平洋のビジネスリーダーたちは、2020年までにビジネスモデルが現在とは大きく様相を変えるだろうと予想しています。そして、自社の組織が現在のビジネス環境で起きているこの急激な変化に対応する準備ができていると考えている人は、ほとんどいません。

ニールセンのレポート『アジア2020 ~前進か、備えか、それとも悲観か』は、今後5年間のビジネス環境の変化について、アジア太平洋地域のビジネスコミュニティーのシニアリーダーたちに意見を求めました。調査で得られた知見は次の通りです。

  •  4分の3以上(76%)のビジネスリーダーが、5年後には自社のビジネスモデルは今日とは大きく異なっているだろうと予測しています。
  • 48%が、自社組織は将来への準備ができていると考えています。
  • 43%が、変化の初期のきざしを検知できるシステムとプロセスを備えていると考えています。
  •  59%が、今後5年間で自社組織を適切に運営していくことは難しい、または非常に難しいと認識しています。

多くのビジネスリーダーが共通して予想する変化には、消費者の嗜好の変化、法制や政治の変化、規制・税制の改編、経済発展や新しい競合相手の参入などがあります。

「変化のペースは加速しており、アジア太平洋ほどそのペースが飛躍的に上がっているところは他にありません」と、ニールセンの東南アジア・北アジア・太平洋地域ソート・リーダーシップ/フォーサイト担当エグゼクティブ・ディレクターであるリーガン・レゲットは考察します。「人口の増加や人口構造の変動、法制や税制の変更など穏やかに進む変化もある一方で、消費者の嗜好や破壊的技術といった変化はスピードが速く、かつ集中的なものとなるため、事業の経営に重大な影響を与える可能性があります。今日の変化の複雑さは、企業が将来を予測しそれに備えることがますます困難になっていることを意味しています」。

技術が小売業界に大きな影響をもたらす

アジア太平洋の小売環境は過去5年間で確実に変容を遂げ、この進化はこれからも続くとみられています。シニアリーダーの半数は、小売業者が彼らの業界と市場において今後5年間で「ポジティブ」な影響を受けると考えており、オンラインおよびEコマースが変化する小売環境に影響を与える最も重要な要素にランクされています。ビジネスリーダーの半数(50%)は、今後5年間の自らの組織の成長の30%以上をEコマースが占めると考えており、さらに32%が、今後5年間に彼らの組織の総売上の20%超をEコマースが占めると考えています。

「技術は私たちの目の前で小売の足跡を変化させています」と、レゲットは強調します。「Eコマースはもはや旅行、本、そして音楽の販売の領域だけのものではありません。韓国ではEコマースは最大の小売販路であり、インドネシアではオンラインでの小売の売上は毎年50%のペースで増加しています。東南アジアではまだ初期段階であるものの、確かなことがひとつあります。Eコマースが飛躍的な成長を遂げつつあり私たちの知っている小売と消費者の状況を一変させることになる、ということです」。

「アジア太平洋におけるEコマースの予測成長率は、将来的に各組織の活動方法が根本的に変わることを示しています」とレゲットは続けます。「市場に参入する能力と、その市場でどのようにプレーしていくかを理解することは、まったく別物です。ASEANコミュニティの多様性は、好機と困難の両方を表しています。時代を先取りし、市場と消費者トレンドの知識を構築できた企業が、新しい需要を捉える最も有利な位置を手にすることになります。逆に、変化に適応できない企業は取り残されてしまうでしょう」。

*1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2014” 調べ。

ニールセンについて
Nielsen Holdings plc (NYSE:NLSN) は、世界的な調査会社として消費者の視聴行動、購買行動の分析をおこなっています。ニールセンの視聴行動分析部門は、メディア・広告企業向けに各種デバイス上での動画、音声、テキストコンテンツ消費動向を把握するトータルオーディエンス測定を提供しています。購買行動分析部門は、消費財メーカーや小売企業を対象に業界で他に類を見ない世界規模のリテールパフォーマンス分析を提供しています。視聴行動分析、購買行動分析を他のデータと組み合わせた世界レベルの測定・分析により、ニールセンはクライアントのパフォーマンス向上ならびに世界クラスの測定を支援します。ニールセンは、S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com

お問い合わせ
中川奈津子、コミュニケーションズ 
Tel:      +81 3 6837 6549
Email:  [email protected]