プレスリリース

ニールセン デジタル広告視聴率の計測対象にモバイル端末を追加

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、デジタル広告のリーチ、GRPなどの広告到達効果を計測するニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)の計測対象に、スマートフォン、タブレットを追加したことを発表しました。ニールセン デジタル広告視聴率で従来から提供していたPCのスクリーン上に掲載されたデジタル広告に加えて、モバイルデバイス上で掲載された広告のリーチ、フリークエンシー、GRPの計測が可能になりました。

ニールセン デジタル広告視聴率は、テレビ視聴率と直接比較が可能なリーチ、フリークエンシーやGRPなどの指標を用いてデジタル広告の包括的な分析結果を翌日に提供するサービスです。世界最大のユーザー・データベースであるフェイスブックとニールセンの最高品質のネット視聴率パネルを用いることにより、正確な属性別のリーチ指標の提供を可能にしたデジタル広告視聴率は、デジタル広告効果分析の新たな業界標準指標です。今回追加されたモバイルデバイスの計測は、iOS、AndroidなどのOSを問わず、ブラウザとアプリ内に掲載された動画広告を含むデジタル広告の計測をおこないます。ニールセン デジタル広告視聴率は、PCとモバイルデバイスのそれぞれの、およびPCとモバイルデバイスの合算の広告到達状況をレポートします。

ニールセンは日本と同様に、タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピン、インド、メキシコの7ヵ国で新たにモバイルデバイスを対象に追加した計測サービスを開始することを発表しました。さらに、ニールセン デジタル広告視聴率の提供を、従来の17ヵ国に加えて新たにポーランド、トルコ、香港、台湾、南アフリカ、プエルトリコ、アイルランド、ニュージーランドの8つの国と地域で、2016年中にサービスを開始することも発表しました。これにより2016年末までに世界の25の国と地域でニールセン デジタル広告視聴率が利用できるようになります。

「ニールセンは、コンテンツと広告の両方のトータルオーディエンス測定を提供することに集中投資し、邁進しています。モバイルの測定を含む、私たちのフラッグシップであるデジタル広告測定ソリューションの継続的なグローバル展開が最重要課題です。私たちの顧客は個々の直面する需要を満たすだけでなく、広告視聴者とキャンペーンの包括的な有効性を理解するために、ニールセンの高品質な測定に期待を寄せています」とニールセンのCOO(最高執行責任者)のスティーブ・ハスカーは述べています。

「日本ではすでに、モバイルのインターネット利用者数がPCのインターネット利用者数を上回っています。これを反映した近年のモバイル広告の急伸長という状況の中で、モバイルを含めたデジタル広告のリーチ計測が可能になったこと、また、特に若年層のモバイルでの広告リーチを計測することで、真のデジタル広告の実力が証明できるようになります」とニールセン株式会社代表取締役社長の宮本淳は述べています。
 

ニールセン デジタル広告視聴率について
「ニールセン デジタル広告視聴率」は、デジタル広告キャンペーンのターゲット消費者へのリーチを詳しく知りたいと願う広告主にとって最適なソリューションです。さまざまなデジタル・メディア上で展開する広告キャンペーンに接触している消費者をより良く理解する物差しを求め続けてきた広告主、広告代理店、媒体社は、このサービスを使うことで、広告効果をより正確に説明し他社との比較や検討ができるようになります。「ニールセン デジタル広告視聴率」の日本でのサービス提供は、世界最大のソーシャルネットワーキング・サービス、フェイスブック社とのパートナーシップによって実現しました。日本で2,400万人の登録者数を誇るフェイスブックの巨大なユーザー・データベースをパネルと見立て、その情報とニールセンの持つ市場代表性の高いオンライン・パネルの情報とを複合的に組み合わせることにより、日本のオンライン・ユーザーで広告に接触した人々を性別、年齢層まで把握することが可能になります。調査結果は24時間以内にオンラインのインターフェイス上に表示され、顧客企業は自社の広告キャンペーンの結果をすばやく知り、必要に応じてキャンペーンの途中でもこれを改善し最適化することが可能です。

現在のサービス提供国: 日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ブラジル 、オーストラリア、シンガポール、インドネシア、中国、タイ、マレーシア、フィリピン、インド、メキシコ
2016年度中にサービスが提供開始される国と地域: ポーランド、トルコ、香港、台湾、南アフリカ、プエルトリコ、アイルランド、ニュージーランド

ニールセンについて
Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) は、世界的な調査会社として消費者の視聴行動、購買行動の分析をおこなっています。視聴行動分析部門は、メディア・広告企業向けに各種デバイス上での動画・音声・テキストコンテンツ消費動向を把握するトータルオーディエンス測定を提供しています。購買行動分析部門は、消費財メーカーや小売企業を対象に業界で他に類を見ない世界規模のリテールパフォーマンス分析を提供しています。視聴行動分析、購買行動分析を他のデータと組み合わせた世界レベルの測定・分析により、クライアントのパフォーマンス向上を支援します。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com

お問い合わせ
中川奈津子、コミュニケーションズ 
Tel:      +81 3 6837 6549
Email:  JPNwebmaster@nielsen.com