プレスリリース

ニールセン スマホユーザーの最新Eコマース利用動向を発表~スマートフォンからのEコマース関連サービス利用者は5,000万人規模に成長~

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}
図表入りのプレスリリースはこちら
 
  • スマホからEコマース関連サービスを利用する人は4,857万人
  • 利用者数トップ3はAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング。オムニ7も利用者数上位に
  • 各Eコマースサービスの利用者の7割以上がAmazon、楽天市場を併用

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)の2016年5月データをもとに、スマートフォンからのEコマースサービスの利用状況を分析し結果を発表しました。

2016年5月時点でスマートフォンからのEコマース関連サービスを利用しているユーザーは4,857万人(対前年同月比15%増)となっていました。これはスマートフォン利用者全体の伸び(14%)と同程度となっていました。

その中で利用者数の上位5サービスを見ると、1位は「Amazon」、2位が「楽天市場」となり、両サービスともに利用者数が3,000万人を超えていました。3位には1,876万人でYahoo!ショッピングがランクインしました。

4位以下のサービスは利用者数が1,000万人以下となり、カタログ通販の大手「ニッセン」が4位に、5位には2015年11月にサービスを開始した「オムニ7」がランクインしていました。「オムニ7」はサービス開始から半年が経過していますが、月間利用者数700万人超を獲得するまでになっています。

次に、上位3サービスにフォーカスしてアプリの利用状況を見てみると、各サービスとも利用者数の増加が目立ち、Eコマース全体利用者数の増加率(15%)より高い伸びを示しています。特にYahooショッピングアプリの利用者は前年同月から3倍の増加となりました。

最後に、各サービスと「Amazon」、「楽天市場」との重複利用状況を見ると、各サービスの利用者の70%以上が併用していました。

当社エグゼクティブアナリストの中村義哉は、次のように述べています。「Eコマース関連サービス利用者は、スマートフォンの普及と共に継続的に増加し、今では5,000万人に届く規模まで成長していますが、その中身を見ると、利用者数上位の3サービス、『Amazon』『楽天市場』『Yahoo!ショッピング』の強さが目立っていました。3サービスのアプリの利用者も増加しており、ユーザー囲い込みも進んでいる状況が分かります。その一方で、昨年11月にサービスを開始した『オムニ7』が既に700万人規模まで利用者を獲得していることは注目すべき点です。4位の『ニッセン』を含め、『7&i』グループのEコマースが、今後どこまで存在感を高めていけるのか、非常に興味深い点です。上位3サービスの規模や併用率の高さを考えると、『7&i』グループは、グループ各社の連携を深め、各社が持つ店舗網や商品群を活用した、オムニチャネル施策をさらに強化していくことが、今後の成長にとても重要であると言えるのではないでしょうか。『7&i』グループのみならず、上位3サービス以外のEコマースサービスが今後どのように、その資産を活用し、スマホユーザーを取り込んでいくのか、その動きに注目していきたいと思います」。

Nielsen Mobile NetViewについて
Nielsen Mobile NetViewは日本全国の8,000名(iOS、Android各4,000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成されます。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、アプリやウェブサイトの利用時間や利用頻度などの正確な利用動向データの提供が可能です。また、利用者属性情報を含むパネル調査であるため、属性別の利用状況を把握できます。データは、ウェブサイトの訪問、アプリの利用もしくはスマートフォン全体での利用状況を参照することができ、また、利用者属性、OS、電話会社、デバイスなどのフィルターを使用してデータを抽出することもできます。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。
http://www.netratings.co.jp/solution/nielsen_mobile_netview.html

 

お問い合わせ
中川奈津子、コミュニケーションズ 
Tel:      +81 3 6837 6549
Email:  JPNwebmaster@nielsen.com