プレスリリース

ニールセン デジタル広告の効果測定の考え方についてまとめたホワイトペーパー「デジタル広告のキャンペーンを成功に導く3つの “R”」を発表

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、企業がデジタル広告キャンペーンを成功に導くために設定するべき指標やその計測方法、効果の考え方を、3つの視点(ターゲットへの到達率を測定する「Reach」、態度変容を測定する「Resonance」、売上への貢献度を測定する「Reaction」)にまとめたホワイトペーパー「デジタル広告のキャンペーンを成功に導く3つの “R”」を発表しました。

近年、スマートフォンの普及により、私たちが生活の中でデジタルメディアに触れる機会は急速に増加しました。それに伴い2015年日本のインターネット広告費は前年比110.2%の1兆1,594億円で2桁成長*となり、広告費全体をけん引する形となっています。消費者のデジタルでの消費時間が増えていくとともに、企業は消費者との接点をデジタル上で作ろうとすることは当然ではありますが、インターネットの登場以降、爆発的に情報量が増加し、自社の広告を消費者に認識してもらうことは困難になっていることも事実です。企業が目的を達成するためには、広告の効果を測定し最適化することが必須となっています。

そこで、当ホワイトペーパーでは、デジタル広告を成功に導くための3つの視点(3R)について紹介します。

それぞれの視点で効果を正確に把握することが、デジタル広告キャンペーンの成功に欠かせないと考えています。

  1. ターゲットへの到達率を測定する「Reach」
  2. 態度変容を測定する「Resonance」
  3. 売上への貢献度を測定する「Reaction」

本ホワイトペーパーは以下のページよりダウンロードしてご覧いただくことが可能です。
  www.nielsen.com/jp/ja/insights/reports/nielsen-digital-3R-Whitepaper2016.html

*出典:株式会社 電通 「2015年 日本の広告費」

 

お問い合わせ
西村総一郎、コミュニケーションズ 
Tel:      +81 3 6837 6549
Email:  JPNwebmaster@nielsen.com