プレスリリース

ニールセン デジタル広告視聴率の視聴者属性別ビューアブルGRP計測でMRCの認証を取得

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}
 

東京、2017年4月11日 – 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、Integral Ad Science社及びMoat社が提供するビューアビリティ機能とニールセン デジタル広告視聴率とを統合したデスクトップPC上のディスプレイ広告及び動画広告の13歳以上の性・年齢別ビューアブルGRP(視聴可能であった広告の延べ視聴率)計測において、米国Media Rating Council (MRC)の認証を受けたことを発表しました。ニールセン デジタル広告視聴率は、ディスプレイ広告とビデオ広告において複数のビューアビリティプロバイダーとの統合でMRCに認証された業界初のデジタル視聴者測定ソリューションとなりました。

デジタル広告業界の透明性を高めることに対する広告主からの要請に応えるために、ニールセンは信頼される第三者測定を提供することをコミットしています。 ニールセン デジタル広告視聴率は視聴者属性別のデスクトップPCの視聴者測定ソリューションとして、2011年以来MRCの認証を受けています。

ニールセンは、2016年にビューアビリティにおける顧客中心のアプローチを採用し、Integral Ad Science社、Moat社やDoubleVerify社などの複数ビューアビリティプロバイダーを顧客が選択してニールセン デジタル広告視聴率と統合して利用できることを発表しました。これらの主要なビューアビリティプロバイダーを活用して、顧客がニールセン デジタル広告視聴率内または顧客が選択したレポートダッシュボード内で視聴可能な位置に表示された広告のリーチを計測できます。

今回のMRCの認証を受けたニールセン デジタル広告視聴率は、広告の重複視聴者の排除と広告のビューアビリティを統合することで、メディアの売り手と買い手の双方に信頼性の高いデータを提供します。

ニールセンのデジタルプロダクトリーダーシップ担当シニアバイスプレジデントであるDavid Wongは、次のように述べています。「デジタル広告市場の透明性への要求がますます高まる中、ニールセンのビューアビリティソリューションが認証を受けたことは、顧客に信頼できる独立した測定指標を提供するというニールセンのコミットメントを裏付けています。私たちはビューアビリティプロバイダーと協力して、ダイナミックな業界を牽引し、信頼感のある取引ソリューションを顧客に提供していきたいと思います」。

Integral Ad Science社のCEO、Scott Knollは次のように述べています。「市場は、キャンペーンが消費者に影響を及ぼすことができたかどうかを評価するための透明性、正しい測定基準を探しています。私たちは真のキャンペーンパフォーマンスを測定するためにニールセンとの共同作業を促進して、業界の最も強健なデータセットをクライアントに提供し続けていきたいと思います」。

Moat社のCEO兼共同創立者のJonah Goodhartは次のように述べています。「私たちは、ビューアビリティとニールセンの視聴者データとをシームレスなユーザーインターフェィスで結合する最初のプラットフォームであることを誇りに思っています。広告主は、広告のパフォーマンスと視聴可能であった広告の視聴者指標をより詳細に把握することができます。私たちは、ニールセンとの長年の関係を継続することで、透明性と業界の発展にコミットします」。

ニールセン デジタル広告視聴率について
「ニールセン デジタル広告視聴率」は、デジタル広告キャンペーンのターゲット消費者へのリーチを詳しく知りたいと願う広告主にとって最適なソリューションです。さまざまなデジタル・メディア上で展開する広告キャンペーンに接触している消費者をより良く理解する物差しを求め続けてきた広告主、広告代理店、媒体社は、このサービスを使うことで、広告効果をより正確に説明し他社との比較や検討ができるようになります。「ニールセン デジタル広告視聴率」の日本でのサービス提供は、世界最大のソーシャルネットワーキング・サービス、フェイスブック社とのパートナーシップによって実現しました。日本で2,400万人の登録者数を誇るフェイスブックの巨大なユーザー・データベースをパネルと見立て、その情報とニールセンの持つ市場代表性の高いオンライン・パネルの情報とを複合的に組み合わせることにより、日本のオンライン・ユーザーで広告に接触した人々を性別、年齢層まで把握することが可能になります。調査結果は24時間以内にオンラインのインターフェイス上に表示され、顧客企業は自社の広告キャンペーンの結果をすばやく知り、必要に応じてキャンペーンの途中でもこれを改善し最適化することが可能です。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。
www.netratings.co.jp/solution/DigitalAdRatings.html 

###

ニールセン デジタル株式会社 は、ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、および分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジタル株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp でご覧いただけます。


お問い合わせ

西村総一郎、コミュニケーションズ 
Tel:      +81 3 6837 6549
Email:  JPNwebmaster@nielsen.com