プレスリリース

「Eコマース」の利用は、女性はスマートフォン、男性はPCで長時間利用

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

図表入りのプレスリリースはこちら

ニールセン 「Eコマース」サービスの男女別の利用状況を発表

  • スマートフォンからの「Eコマース」利用者数は、女性が2,815万人、男性が2,640万人
  • 「Eコマース」アプリの利用者数は、女性では「楽天市場」、男性では「Amazon」が1位
  • TOP3アプリのうち1サービスしか利用しない人は、女性では59%、男性では64%

東京、2017年4月25日 – 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイル ネットビュー)、および、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)のデータをもとに、2017年3月の日本における「Eコマース」の男女別の利用状況を発表しました。

2017年3月時点で「Eコマース」サービスは、男女ともにスマートフォンからの利用者数、利用回数がPCからの利用を大きく上回っていました。ただし、利用時間では、女性はスマートフォンからの利用時間が長いのに対して、男性ではPCからの利用時間がスマートフォンよりも長くなっていました。

「Eコマース」サービスの利用者数上位3サービスは、男女ともにデバイスに関係なく「楽天市場」、「Amazon」、「Yahoo! ショッピング」となっていました。一方、スマートフォンの中でもアプリだけに注目すると、TOP3のサービスは1位が「Amazon」、2位が「楽天市場」、3位が「メルカリ」となっていました。TOP3のサービスを男女で比較すると、女性では「楽天市場」の利用が最も多く、男性は「Amazon」の利用が最も多くなっていました。また、3位の「メルカリ」は女性の利用者数が多く、男性の利用者数の2倍弱の735万人が利用していました。

次に、「Eコマース」アプリ利用者数TOP3の重複利用状況を見ると、3サービスのうち1つのサービスしか利用していない女性は59%(1,006万人)で、「楽天市場」のみを利用している人が最も多く24%、「Amazon」のみの利用者と「メルカリ」のみの利用者が共に18%となっていました。3サービスのうち1つのサービスしか利用していない男性は64%(921万人)で、「Amazon」のみを利用している人が33%で最も多くなっていました。

当社シニアアナリストの高木史朗は、次のように述べています。「『Eコマース』サービスの利用は、利用者数でみるとPCからスマートフォンにシフトしていると言えますが、男性と女性で比較をするとその利用は大きく異なっていました。デバイスという視点では、男性はPCからの利用時間が長い点が特徴的でした。男性はスマートフォンだけでは完結せずに、PCでも詳細に商品情報を確認していると考えられます。男性をターゲットにした商品を販売する際には、スマートフォンだけでなく、PC上でのコミュニケーションも疎かにはできないといえるでしょう。今回は男女の比較のみでしたが、年齢や職業などその他の属性によってもデバイス、サービスの利用方法は異なると考えられるため、ターゲットごとの利用状況を把握することが重要です。
また、個別のサービスの利用状況では、アプリとブラウザを含めた利用では、デバイスを問わずTOP3サービスに大きな違いは見られませんでしたが、スマートフォンアプリでは男女で違いが見られました。特に、女性は3サービスのうち1つのサービスしか利用していない人がそれぞれのサービスで20%前後存在していました。通販サイトとフリマアプリでは、購入方法も購入している商品も異なりますが、同じ消費行動を行う場所を提供する『Eコマース』サービス運営企業としては、優良顧客を増やしていく上で、複数サービスが併用されにくいアプリの利用者属性や利用している理由などを把握することが重要です。その他の企業も、消費者がどのようなサービスや購入方法を求めているのかを理解するために、現状3社拮抗している状況が、今後どのように変化していくのか注視していく必要があるでしょう」。

Nielsen Mobile NetViewについて
Nielsen Mobile NetViewは日本全国の8,000名(iOS、Android各4,000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成されます。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、アプリやウェブサイトの利用時間や利用頻度などの正確な利用動向データの提供が可能です。また、利用者属性情報を含むパネル調査であるため、属性別の利用状況を把握できます。データは、ウェブサイトの訪問、アプリの利用もしくはスマートフォン全体での利用状況を参照することができ、また、利用者属性、OS、電話会社、デバイスなどのフィルターを使用してデータを抽出することもできます。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。
www.netratings.co.jp/solution/nielsen_mobile_netview.html

Nielsen NetViewについて
Nielsen NetViewは、日本全国に4万名以上のオンライン視聴者パネルを構築し、データを収集、報告しています。また、ニールセンの視聴率パネルは家庭のみならず、日本で唯一、職場にも2,200名以上のパネルを構築していますので、日本全体のPCでのインターネット利用動向を俯瞰することができます。同一条件で測定される視聴率情報であるがゆえに、自社サイトの利用状況や利用者属性の把握のみならず、競合サイトの利用状況との比較もでき、かつ、日本全体あるいは業界内での自社のポジショニングを確認することもできます。時系列データの抽出や、他サイトとの重複利用状況を抽出するなどの豊富なツールも実装されています。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。
http://www.netratings.co.jp/solution/netview.html


お問い合わせ

西村総一郎、コミュニケーションズ 
Tel:      +81 3 6837 6549
Email:  JPNwebmaster@nielsen.com