プレスリリース

TVのライト視聴者の含有率が高いPCサイトは、IT系ニュースサイトや動画サイト

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

図表入りのプレスリリースはこちら

ニールセン 「PCユーザーのメディア接触状況」を発表

  • PCの利用者は直近1年間3,800万人前後と一定数を保ち利用者属性も変化はなし
  • PCユーザーの95%がTVを視聴し、68%が新聞(朝刊)を購読
  • ドワンゴの利用者が商品購入時にネット広告を参考にする人数が最も多いジャンルは「食料品・飲料」

東京、2017年5月31日 – 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)が持つオンライン視聴測定ログ情報と、調査対象パネルの詳細な商品所有/認知情報や他メディアの接触情報などを融合したデータベースサービスである「NetView Lifestyle Powered by Video Research Interactive(ネットビュー・ライフスタイル パワードバイ ビデオリサーチインタラクティブ、以下NetView Lifestyle)」をもとに、2017年3月の日本におけるPCユーザーのメディア接触状況を発表しました。

2017年3月のPCの利用状況を昨年と比較すると、利用者数は3,800万人前後で一定数を保っていることがわかりました。また、利用者属性でも男性が57%、50歳以上が42%とほぼ変化は見られませんでした(図表1)。

PCユーザーの4マスメディアの利用状況では、1位はTVで94%が視聴しており、2位は新聞(朝刊)で63%が購読していました。また、TVの利用時間が1日当たり1時間を超える人の割合は73%となっていました(図表2)。

次に、TVを視聴しない(5%)、もしくはTVの利用時間が1日あたり30分未満の視聴者(8%)をライトユーザー(合計12%)と定義し、そのライトユーザーの割合が高いPCサイトTOP5をみたものが図表3になります。1位はImpress Watch(インプレス ウォッチ)、4位にITmedia Inc(アイティメディア)とIT関連のニュースメディアや、3位にdailymotion、5位にdwango(ドワンゴ)といった動画系のサイトが上位となることがわかりました。

そこで、ライトユーザー割合が高いPCサイトの中で、最も利用者数が多いdwango(ドワンゴ)の利用者が、最近1年間で購入した商品のうち、[インターネットサイトやメールマガジン上の広告]が商品・サービスに興味を持つきっかけや、購入・契約の参考となった割合をみたのが図表4になります。全体では「旅行関連」が1位となっているのに対し、dwango(ドワンゴ)の利用者は「日常の食料品・飲料」が1位で、全体と比べて2.7ポイント高いことがわかりました。「音楽・音声コンテンツ」の割合も高く、逆に「レストラン・飲食店」は割合が低くなっていました。また、最近1年間に[パソコンのインターネットサイト]で「日常の食料品・飲料」を購入した割合は全体では13.7%であったのに対し、dwango(ドワンゴ)の利用者は19.3%と5.6ポイント高くなっていました。

当社シニアアナリストの今田智仁は、次のように述べています。「インターネットの利用はスマートフォンからの利用者が中心ではありますが、PCからの利用者も一定数を保っており、WEBサイト運営企業はまだまだPCサイトの対応をおろそかにはできないといえます。
また、今回PCユーザーのなかで、TVをほとんど利用しないライト層の割合が高いサイトをピックアップしたところ、ITニュース系や、動画サイトが上位に来るという結果になりました。その中でもライト層が最も多いドワンゴに注目するとレストラン・飲食店はネット広告を参考にせず、音楽・音声コンテンツとともに、日常生活に必要な食料品はネット広告を参考にする割合が高いというネット上の行動が見えてきました。全体的にネットからの情報収集量が多い層と考えられますが、商品ジャンルによって参考にしている情報が異なることがわかりました。TVではリーチしにくい層イコール若者と考えるのではなく、普段TVを見ない層をしっかり定義し、その層がどのようなサイトを訪問し、どのような情報を参考にしているのかなどのライフスタイル情報を理解することで、効率よくメッセージを届けるヒントを得ることができます。TVやPC、スマ-トフォンなど消費者のメディア視聴が分散化している中、広告主は1つのメディアに集中するのではなく、メディアごとの広告費や対応の配分を考慮し、それを最適化していくことが必要となってきます」。

NetView Lifestyleについて
Nielsen NetView ライフスタイルレポートは、NetViewが持つオンライン視聴測定ログ情報と、調査対象パネルの詳細な商品所有/認知情報や他メディアの接触情報などが融合したデータベースサービスです。
サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。
http://www.netratings.co.jp/solution/netview_lifestyle.html

Nielsen NetViewについて
Nielsen NetViewは、日本全国に4万名以上のオンライン視聴者パネルを構築し、データを収集、報告しています。また、ニールセンの視聴率パネルは家庭のみならず、日本で唯一、職場にも2,200名以上のパネルを構築していますので、日本全体のPCでのインターネット利用動向を俯瞰することができます。同一条件で測定される視聴率情報であるがゆえに、自社サイトの利用状況や利用者属性の把握のみならず、競合サイトの利用状況との比較もでき、かつ、日本全体あるいは業界内での自社のポジショニングを確認することもできます。時系列データの抽出や、他サイトとの重複利用状況を抽出するなどの豊富なツールも実装されています。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。
http://www.netratings.co.jp/solution/netview.html


お問い合わせ

西村総一郎、コミュニケーションズ 
Tel:      +81 3 6837 6549
Email:  JPNwebmaster@nielsen.com