プレスリリース

AbemaTVアプリの月間利用者数が約500万人に成長 ~ニールセン AbemaTVの利用状況を発表~

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

図表入りのプレスリリースはこちら

  • 男性58% ⼥性42%、そして全年代に利⽤が広がる
  • ⽉10 回以上の利⽤者割合、⽉1 時間以上の利⽤者割合ともに、徐々に増加
  • 時間帯別では2 つのピークがあり、12 時台に⼀度ピークを迎え、21 時台に最も⾼くなる

東京、2017年8月29日 – 視聴⾏動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社⻑ 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイルネットビュー)のデータをもとに、「AbemaTV」の利⽤状況を発表しました。

同データによると、AbemaTV アプリはサービス開始の2016年4⽉以降利⽤者数を伸ばし、2017年7⽉では475万⼈が利⽤していました。⽉ごとに上げ下げはあるものの、半年前からは42万⼈、1年前からは91万⼈利⽤者が増加していることがわかりました(図表1)。

次に利⽤者の性年代属性をスマートフォンユーザー全体と⽐較をすると、スマートフォン利⽤者全体では男⼥⽐が50%ずつであるのに対し、abematvは男性58%⼥性42%と僅かながら男性の割合が⾼くなっていました。年代別では、abematvは男性35-49歳の割合が21%と⾼いものの、全年代に利⽤が広がっていました(図表2)。また、利⽤頻度、利⽤時間共にここ⼀年間で約10ポイント増加し、⽉10回以上の利⽤者割合は26%、⽉1時間以上の利⽤者割合は22%となっていることがわかりました(図表3)。

最後に、 時間帯別の利⽤者数を⾒ると⼤きく2つのピークが存在し、12時台に⼀度ピークがあり、21時台に最も⾼い利⽤者数となっていることがわかりました(図表4)。

当社シニアアナリストの今⽥智仁は、次のように述べています。「AbemaTV は年末年始のアニメ⼀挙放送やアーティストによるカウントダウン中継、5 ⽉の元プロボクシング世界チャンピオンの⻲⽥興毅の企画などが⼈気を博し、利⽤者数を積み上げ、順調に利⽤者数が増加しているように思えます。当初はアニメやスポーツが⼈気番組と⾔われ、中⾼年男性が利⽤者の中⼼でしたが、直近では⼥性の⽐率も⾼くなり各年代に利⽤が拡がっています。また、⾼頻度で利⽤し、⻑時間利⽤する⼈も増えてきています。これらは、⼀部のコアなファン以外にも利⽤者が増え、利⽤が定着してきたことを表しています。また、利⽤時間帯をみると、YouTube やその他⼀般的なスマートフォンのサービスは朝⼣の通勤時間など移動中にも利⽤のピークが来ることが多いですが、AbemaTV の場合、昼休みの12 時台と帰宅後の21 時台に利⽤のピークが来ていました。移動中などに短い時間視聴するのではなく、ある程度時間が確保できる時間帯に視聴されており、⾃宅でゆっくり⾒るテレビのような視聴がされているのではないかと想像できます。スマートフォンでテレビをみるという新しい発想のサービスとして、AbemaTV の⽬指している週間アクティブユーザー数1000 万⼈の『マスメディア』へいつどのように近づいていくのか、また、若年層をはじめとしたテレビではリーチしづらいといわれる層に効率的に広告を配信する仕組みをつくるなど、広告媒体として広告主に有益な価値を提供できるのか、この2 つの点で今後も注⽬していきたいサービスです」。

Nielsen Mobile NetViewについて

Nielsen Mobile NetView は⽇本全国の8,000 名(iOS、Android 各4,000 名)の調査協⼒モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成されます。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、アプリやウェブサイトの利⽤時間や利⽤頻度などの正確な利⽤動向データの提供が可能です。また、利⽤者属性情報を含むパネル調査であるため、属性別の利⽤状況を把握できます。データは、ウェブサイトの訪問、アプリの利⽤もしくはスマートフォン全体での利⽤状況を参照することができ、また、利⽤者属性、OS、電話会社、デバイスなどのフィルターを使⽤してデータを抽出することもできます。www.netratings.co.jp/solution/nielsen_mobile_netview.html

【ニールセン デジタル株式会社 会社概要】
社名:  ニールセン デジタル株式会社  英文社名: Nielsen Digital Co., Ltd.
本社所在地: 〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー11階
資本金:  1億円
設立: 1999年5月
代表者:  代表取締役社長 宮本 淳
主要株主:  米国ニールセン・カンパニー(The Nielsen Company)、株式会社ビデオリサーチ

ニールセン デジタル株式会社は、ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、および分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp でご覧いただけます。

ニールセンについて
Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) は、世界的な調査会社として消費者の視聴行動、購買行動の分析をおこなっています。視聴行動分析部門は、メディア・広告企業向けに各種デバイス上での動画・音声・テキストコンテンツ消費動向を把握するトータルオーディエンス測定を提供しています。購買行動分析部門は、消費財メーカーや小売企業を対象に業界で他に類を見ない世界規模のリテールパフォーマンス分析を提供しています。視聴行動分析、購買行動分析を他のデータと組み合わせた世界レベルの測定・分析により、ニールセンはクライアントのパフォーマンス向上を支援します。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com

ニールセン デジタル株式会社が提供しているソリューションと主な製品サービス
視聴者分析ソリューション

 インターネット視聴率データ Nielsen NetView
 スマートフォン視聴率データ Nielsen Mobile NetView
インターネットユーザーデータベースサービス NetView Lifestyle Powered by Video Research Interactive
 検索サービス利用データ Nielsen MegaView Search など

広告分析ソリューション
 ニールセン デジタル広告視聴率 Nielsen Digital Ad Ratings
 広告効果分析サービス Nielsen Digital Brand Effect など