プレスリリース

ニールセン スポーツがスポーツマーケティングのトレンドを読む「SPONSORLINK」 レポートを発表

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

図表入りのプレスリリースはこちら

東京、2017年11月22日 – 世界最大のマーケティング調査会社1 ニールセン傘下のニールセン スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 秦英之)は、このたびスポーツファンの実態に関する調査結果を発表しました。本調査は『SPONSORLINK』と題し、年4回実施。最新の調査は9月下旬~10月上旬に16~69歳の男女約2,500名を対象にオンラインで回答を得ました。今回の質問では、主にオリンピック・パラリンピックへの興味関心やアスリートのイメージ、さらにはスポンサー企業の認知などを調査しました。また、スポーツ全般ではラグビーワールドカップの認知や主要リーグのファン属性などを調査しています。

【注目される調査結果】

・開幕まで2年を切ったラグビーワールドカップ、全体では4割、ラグビーファンは75%が認知
・最近注目し始めたスポーツ競技ランキングで、卓球と陸上競技(トラック)が1、2位
・女性50代、男性60代のシニア層の中でも、スポーツクライミングが注目
・日本の主要リーグ(プロ野球、サッカー、バスケ)は男性ファンが主体だが、Vリーグは女性中心


・東京オリンピック・パラリンピックに関して、もっとも興味・関心が高いのは10代の若い世代
・吉田沙保里、内村航平、錦織圭、福原愛の認知率は90%以上、パラは国枝慎吾で3割強
・夏季オリンピックアスリートのイメージ調査で2020年に最も期待できるのは白井健三
・東京2020オリンピックスポンサー企業の認知率は2極化が進んでいる

【SPONSORLINK レポート項目】
◆スポーツ全般(全26 ページ)
・スポーツの興味関心度 性年代別/エリア別
・スポーツ競技観戦経験 性年代別
・最近注目し始めたスポーツ競技ランキング
・やってみたいスポーツ競技ランキング
・リーグファン別の特徴(性別/世帯年収)
・スポーツの情報収集方法
・スポンサー受容度
・商品・サービスの1 年以内購入意向率 リーグファン別
・ラグビーW杯2019 日本開催認知&観戦意向

◆オリンピック・パラリンピック一般(全30 ページ)
・東京2020 オリンピック・パラリンピック 興味関心度 性年代別/エリア別
・夏季オリンピック競技 興味関心度/観戦意向
・夏季パラリンピック競技 興味関心度/観戦・体験経験
・東京2020 パラリンピックへの関わり方
・夏季オリンピック競技アスリート 認知&好意度(トップ・競技アスリート/若手期待アスリート)
・夏季オリンピック競技アスリート イメージ
・夏季パラリンピック競技アスリート 認知度
・元アスリート 認知度/イメージ
・スポーツ関連タレント 認知度/イメージ

◆東京2020 スポンサー(全30 ページ)
・東京2020 オリンピック/パラリンピックスポンサー認知
・印象に残った東京2020 スポンサーの活動 性年代別/エリア別
・東京2020 スポンサー企業イメージ
・オリンピック・パラリンピックスローガン認知
・オリンピック関連TVCM 認知及び効果
・東京2020 スポンサーアクティベーション認知

最新の調査結果『SPONSORLINK レポート2017 wave3』購読をご希望の方は、メールで (nielsensports_press_jp@nielsen.com)までお問い合わせください。

1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2016”調べ

###

ニールセンについて
Nielsen Holdings plc(NYSE: NLSN)は、世界的なマーケティング調査会社として消費者の視聴行動、購買 行動の分析を行っています。視聴行動分析部門は、メディア・広告企業向けに各種デバイス上での動画・音声・テキストコンテンツ消費動向を把握するトータルオーディエンス測定を提供しています。購買行動分析部門は、消費財メーカーや小売企業を対象に業界で他に類を見ない世界規模のリテールパフォーマンス分析を提供しています。視聴行動分析、購買行動分析を他のデータと組み合わせた世界レベルの測定・分析により、ニールセンはクライアントのパフォーマンス向上を支援します。S&P 500 企業として、世界人口の90%を網羅する100 ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください:www.nielsen.com

ニールセン スポーツ ジャパン株式会社は、マーケティングのデータ提供、コンサルティングを行う、世界最大規模のスポーツマーケティング会社です。スポーツ団体及びスポーツに出資する企業に於いても、マーケティング戦略に不可欠なデータとして、世界中で数多く採用されています。日本では、J リーグやプロ野球球団等とも契約しています。詳細はhttp://nielsensports.com/jp/をご覧ください。