プレスリリース

有料動画アプリの利用者は2年間で2.5倍、無料動画は1.5倍に増加

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}
図表入りのプレスリリースはこちら

ニールセン スマートフォン動画アプリの利用状況を発表

  • 無料動画は、増加人数では「YouTube」(+713万人)、増加率では「AbemaTV」(+55%)
  • 有料動画アプリの増加率TOP2は「Amazon Prime Video」と「Netflix」
  • 複数の有料動画サービスを利用している人は10%で、大半の利用者は一つのサービスを利用

東京、2018年1月30日 – 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイルネットビュー)のデータをもとに、2017年11月の日本における無料/有料動画アプリの利用状況を発表しました。

2017年11月の各動画利用者数(上位5アプリを集計)をみると、無料動画は2年前の同月から48%増え3,901万人、有料動画は154%増え568万人でした(図表1)。どちらの増加率も、スマートフォン全体の増加率(+26%)よりも高くなっていました。

次に、図表にはありませんが、無料動画アプリの中で最も利用者数の多い「YouTube」は昨年から25% (713万人)増加し3,617万人が利用していました。また、無料動画アプリ利用者数TOP5の中で最も増加 率が高かった「AbemaTV」の利用者数をみると、2016年11月時点では357万人だった利用者数が、2017 年11月には、55%増加し553万人となっていました。この間の「AbemaTV」の利用者の性年代構成を比較 すると、2016年11月時点では男性の割合が高く女性の割合は38%であったのが、2017年11月には女性の 割合が51%にまで拡大していました(図表2)。

最後に、有料動画アプリに注目すると、利用者数TOP5の中では「Amazon Prime Video」と「Netflix」の 増加率が高くなっていました。「Amazon Prime Video」は昨年から77%増加し300万人に、「Netflix」は 99%増加し70万人となっていました(図表3)。有料動画アプリ(利用者数上位5アプリ)の利用サービス 数をみると、有料動画アプリを利用している568万人のうち複数サービスを利用している人は10%で、1つのサービスだけを利用している人が90%と大半を占める結果となりました(図表4)。

当社シニアアナリストの高木史朗は、次のように述べています。「昨年に続き2017 年も動画サービスは無料/ 有料動画ともにスマートフォン利用者数全体の増加率よりも高い成長を見せました。無料動画アプリでは、 『YouTube』が最も利用人数を増やし、無料動画市場全体の成長に大きく貢献していました。また、『AbemaTV』は2017 年11 月に放送された『72 時間ホンネテレビ』が大きな話題を呼び、利用者数を拡大させました。特に、これまで利用者の割合が低かった35 歳以上の女性の利用者が増加し、幅広い性年代にリーチできるメディアとなりました。『AbemaTV』を運営するサイバーエージェントの決算発表によると、2018年もコンテンツ制作に先行投資していくと発表されているため、今後どれだけ利用者数を増やしていくことができるのか、引き続き注目したいです。
一方で、有料動画アプリでは複数サービスを利用している人の割合は10%と低く、それぞれのサービスが独自のユーザーを獲得しているようです。そのような中、グローバルでサービスを展開し、オリジナルコンテンツの制作に多額の投資をしている『Amazon Prime Video』と『Netflix』の2 社が大きく利用者数を増やしていました。有料動画をスマートフォンから利用している人は全体の10%前後で、未だ拡大の余地があります。両社とも日本向けのオリジナルコンテンツ制作にも力を入れており、今後も利用者数を増やしていくと予想されます。有料動画サービスの利用が拡大すると、他のメディアと消費者の可処分時間を奪い合うことになるため、有料動画サービス各社の動向からも目が離せません」。

Nielsen Mobile NetViewについて
Nielsen Mobile NetView は日本全国の8,000 名(iOS、Android 各4,000 名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成されます。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、アプリやウェブサイトの利用時間や利用頻度などの正確な利用動向データの提供が可能です。また、利用者属性情報を含むパネル調査であるため、属性別の利用状況を把握できます。データは、ウェブサイトの訪問、アプリの利用もしくはスマートフォン全体での利用状況を参照することができ、また、利用者属性、OS、電話会社、デバイスなどのフィルターを使用してデータを抽出することもできます。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。www.netratings.co.jp/solution/nielsen_mobile_netview.html

###

【ニールセン デジタル株式会社 会社概要】
社名:         ニールセン デジタル株式会社  英文社名: Nielsen Digital Co., Ltd.
本社所在地: 〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー11階
資本金:      1億円
設立:          1999年5月
代表者:      代表取締役社長 宮本 淳
主要株主:   米国ニールセン・カンパニー(The Nielsen Company)、株式会社ビデオリサーチ

ニールセン デジタル株式会社は、ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、および分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、E コマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジタル株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp をご覧ください。

ニールセンについて
Nielsen Holdings plc(NYSE: NLSN)は、世界的なマーケティング調査会社として消費者の視聴行動、購買行動の分析を行っています。視聴行動分析部門は、メディア・広告企業向けに各種デバイス上での動画・音声・テキストのコンテンツおよび広告視聴動向を把握するトータルオーディエンス測定などを提供しています。購買行動分析部門は、消費財メーカーや小売企業を対象に業界で他に類を見ない世界規模のリテールパフォーマンス分析などを提供しています。視聴行動分析、購買行動分析を他のデータと組み合わせた世界レベルの測定・分析により、ニールセンはクライアントのパフォーマンス向上を支援します。S&P 500 企業として、世界人口の90%を網羅する100 ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧下さい:www.nielsen.com

ニールセン デジタル株式会社が提供しているソリューションと主な製品サービス
視聴者分析ソリューション
 インターネット視聴率データ Nielsen NetView
 スマートフォン視聴率データ Nielsen Mobile NetView
 インターネットユーザーデータベースサービス NetView Lifestyle Powered by Video Research Interactive

広告分析ソリューション
 ニールセン デジタル広告視聴率 Nielsen Digital Ad Ratings
 広告効果分析サービス Nielsen Digital Brand Effect
 デジタル広告出稿量統計 Nielsen Digital Ad Intel など