プレスリリース

ニールセン、デジタルコンテンツ視聴率を日本で提供開始

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}
図表入りのプレスリリースはこちら

透明性のある人ベースの媒体評価、広告取引のための標準指標を提供

東京、2018年7月2日 – ニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、ニールセンが推進するトータルオーディエンスソリューションのキーコンポーネントであるニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)のサービス提供を、本日より日本で開始することを発表しました。ニールセン デジタルコンテンツ視聴率は、すべての主要なデジタルデバイスやプラットフォームにわたって、ストリーミングビデオ、静的(テキスト)コンテンツページ、モバイルアプリなど、デジタルコンテンツのメディア接触を包括的に測定することで、複雑なマルチプラットフォーム、マルチデバイス、分散配信/視聴環境に対応し、透明性を担保した第三者が計測する「人」ベースのリーチ計測で、公平な媒体評価、広告取引のための標準指標を提供します。

消費者は多くのプラットフォームでデジタルコンテンツを利用しており、媒体社、広告主、広告会社はメディア視聴の実態を把握するためにも消費者のコンテンツ消費総量を明確に知ることが重要です。 ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)は、ブラウザでのストリーミングやアプリでの番組やエピソード(放送回)レベルでの動画視聴と静的な(テキスト)コンテンツの視聴を「人」ベースで測定し、プラットフォームを横断してデジタルコンテンツのリーチ、フリークエンシー、GRP、視聴者数や視聴者属性、視聴時間などのテレビ視聴データと直接比較可能な指標や豊富な分析軸を提供します。

ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)は、ニールセンが従来から提供している業界標準のパネルベースのネット視聴率であるNetView(PC版)、Mobile NetView(スマートフォン版)を進化させ、パネルデータと全数データのハイブリットレポートとしてご提供いたします。これにより、デバイス、プラットフォーム間をまたいで、重複利用を排除したユニークなトータルデジタルの視聴状況を「人」ベースでレポートすることを可能にしています。また、全数データの活用により、例えば、動画であれば番組単位、放送回単位というコンテンツ単位の粒度の細かいレポートの提供も可能にしています。

当社代表取締役社長の宮本 淳は、次のように述べています。「当社は、長らく日本のネット視聴率の標準データとしてNetView及びMobile NetViewを提供して参りました。この両サービスは無作為抽出された代表性を確保したパネルの実際の視聴行動をリアルタイムで収集し、毎月実施されるインターネット人口調査の結果に照らし合わせてデータを作成する統計調査で、ウェブサイト間、アプリ間の利用状況の相対比較を可能にするデータです。しかし、それぞれのデバイスに対するデータであり、PCとモバイルデバイスを横断したトータルデジタルの利用状況をレポートすることができませんでした。加えて、パネルデータの限界として、コンテンツ単位の粒度の細かいレポートの提供をおこなうことができませんでしたが、この度、ニールセンはこのようなお客様の潜在ニーズに応えるため、ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)の提供を開始します。

ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)は、トータルデジタルのユニークな視聴者数や粒度の細かいコンテンツ単位のデータをご提供すると同時に、昨年来、デジタルメディア並びに広告業界で問題となっている透明性やウォールドガーデン問題を解決する、米国MRC*で唯一認定されている属性別のデジタル広告視聴率データであるニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)と同手法を用いるメディア視聴データとして、デジタルメディア業界の標準指標となりうるデータを提供して参ります」。

*米国Media Rating Council(MRC)は、メディア調査会社の監査や認定審査を行なう業界団体です。http://www.mediaratingcouncil.org/

ニールセン デジタルコンテンツ視聴率の特徴

  • ニールセン デジタルコンテンツ視聴率は、全数データを用いることにより、従来のNetView、Mobile NetViewが提供しているブランド、サブブランドという大きなコンテンツの括りのレポートと異なり、コンテンツ単位(動画であれば番組/放送回単位)の粒度の細かい視聴状況をレポートします。
  • ニールセン デジタルコンテンツ視聴率は、全数データではFacebook会員情報との照合により、デバイス間を跨ぐ重複を排除したユニークリーチをレポートします。また、全数調査に参加していない媒体については、PCとスマートフォンパネルデータのフュージョンにより、デバイスを横断したトータルデジタルの視聴状況をレポートします。
  • ニールセン デジタルコンテンツ視聴率は、メディアデータに求められる速報性を有しています。日別データであれば3日後にデータがレポートされます。また、従来のNetView、 Mobile NetViewでは提供していない4半期ごとの視聴状況もレポートしています。
  • ニールセン デジタルコンテンツ視聴率は、ディストリビュータ側で視聴されたバーチカルメディアのコンテンツ視聴状況を、バーチカルメディア側でもクレジットして視聴データとしてレポートするので、分散化戦略を採るメディアの総合的なコンテンツ視聴状況の把握が可能です。

本サービスに関しては弊社営業部までお問い合わせください。
ニールセン デジタル株式会社 営業部
電話 03-6837-6500 e-mail:  jpw_clientservices@nielsen.com

ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings )について
ニールセン デジタル広告視聴率は、デジタル媒体の全てのコンテンツを、PC、モバイル、タブレット、およびOTTなどの全てのデバイスを横断して計測し、デジタルコンテンツ全体の視聴者のメディア接触と消費量を包括的に把握することを可能にします。媒体社はこのサービスを使うことで、デジタルメディアの消費状況全体を把握でき、広告販売における透明性のあるデータの開示や競争力のある広告メニューの開発をおこなえます。広告主、広告会社は広告購入における適切な予算配分計画をおこなえます。ニールセン デジタルコンテンツ視聴率の日本でのサービス提供は、世界最大のソーシャルネットワーキング・サービス、フェイスブック社とのパートナーシップによって実現しました。日本で2,800万人の登録者数を誇るフェイスブックの巨大なユーザー・データベースをパネルと見立て、その情報とニールセンの持つ市場代表性の高いオンライン・パネルの情報とを複合的に組み合わせることにより、日本のデジタルメディアの視聴状況を性別、年齢層別に把握することが可能になります。日次データは3日後にはオンラインのインターフェイス上に表示され、顧客企業はデジタルメディアの利用状況をすばやく知ることができます。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。http://www.netratings.co.jp/solution/dcr.html

Nielsen NetViewについて
Nielsen NetViewは、日本全国に4万名以上のオンライン視聴者パネルを構築し、データを収集、報告しています。また、ニールセンの視聴率パネルは家庭のみならず、日本で唯一、職場にも2,200名以上のパネルを構築していますので、日本全体のPCでのインターネット利用動向を俯瞰することができます。同一条件で測定される視聴率情報であるがゆえに、自社サイトの利用状況や利用者属性の把握のみならず、競合サイトの利用状況との比較もでき、かつ、日本全体あるいは業界内での自社のポジショニングを確認することもできます。時系列データの抽出や、他サイトとの重複利用状況を抽出するなどの豊富なツールも実装されています。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。http://www.netratings.co.jp/solution/netview.html

Nielsen Mobile NetViewについて
Nielsen Mobile NetViewは日本全国の8,000名(iOS、Android各4,000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成されます。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、アプリやウェブサイトの利用時間や利用頻度などの正確な利用動向データの提供が可能です。また、利用者属性情報を含むパネル調査であるため、属性別の利用状況を把握できます。データは、ウェブサイトの訪問、アプリの利用もしくはスマートフォン全体での利用状況を参照することができ、また、利用者属性、OS、電話会社、デバイスなどのフィルターを使用してデータを抽出することもできます。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。www.netratings.co.jp/solution/nielsen_mobile_netview.html

# # #

【ニールセン デジタル株式会社 会社概要】
社名:         ニールセン デジタル株式会社  英文社名: Nielsen Digital Co., Ltd.
本社所在地: 〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー11階
資本金:      1億円
設立:          1999年5月
代表者:      代表取締役社長 宮本 淳
主要株主:   米国ニールセン・カンパニー(The Nielsen Company)、株式会社ビデオリサーチ

ニールセン デジタル株式会社は、ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、および分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、E コマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジタル株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp をご覧ください。

ニールセンについて
Nielsen Holdings plc(NYSE: NLSN)は、世界的なマーケティング調査会社として消費者の視聴行動、購買行動の分析を行っています。視聴行動分析部門は、メディア・広告企業向けに各種デバイス上での動画・音声・テキストのコンテンツおよび広告視聴動向を把握するトータルオーディエンス測定などを提供しています。購買行動分析部門は、消費財メーカーや小売企業を対象に業界で他に類を見ない世界規模のリテールパフォーマンス分析などを提供しています。視聴行動分析、購買行動分析を他のデータと組み合わせた世界レベルの測定・分析により、ニールセンはクライアントのパフォーマンス向上を支援します。S&P 500 企業として、世界人口の90%を網羅する100 ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧下さい:www.nielsen.com

ニールセン デジタル株式会社が提供しているソリューションと主な製品サービス
視聴者分析ソリューション
 インターネット視聴率データ Nielsen NetView
 スマートフォン視聴率データ Nielsen Mobile NetView
 インターネットユーザーデータベースサービス NetView Lifestyle Powered by Video Research Interactive

広告分析ソリューション
 ニールセン デジタル広告視聴率 Nielsen Digital Ad Ratings
 広告効果分析サービス Nielsen Digital Brand Effect
 デジタル広告出稿量統計 Nielsen Digital Ad Intel など