プレスリリース

デイビッド・ケニー、ニールセンCEOに任命

{“order”:0,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveSyncCancelled]”,”cq:isCancelledForChildren”:”{Boolean}true”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

ニューヨーク、2018年11月20日 - Nielsen Holdings plc(NYSE:NLSN)の取締役会は、2018年12月3日付でデイビッド・ケニー(David Kenny)が最高経営責任者(CEO)に就任することを発表しました。デイビッドはニールセンの取締役会にも加わります。 デイビッドはIBM出身で、IBMのコグニティブ・ソリューション事業を率いていました。

ニールセン取締役会会長のジェームズ・アトウッド(James Attwood)は以下のように述べています。「取締役会はデイビットの任命発表を喜んでいます。デイビッドの ビッグデータ、人工知能、クラウド・テクノロジー、メディアでの数十年間の経験は、この重要な時期にニールセンを率いるのに最も適していると言えます。また、キャリアの多くの部分を広告業界での仕事に費やしてきた彼は、広告主を深く、包括的に理解しています。そして、成長戦略の実行、戦略的取引の監督、ステークホルダーへの価値創造の実績があります。彼の多面的なバックグラウンドと成功の歴史は、彼がこのポジションに非常に適していることを示しています。取締役会は、当社が株主価値を高めるために行っている、現在進行中の戦略的レビューにデイビッドが参加することを楽しみにしています」。

デイビッド・ケニーは以下のようにコメントしています。「ニールセンは、マーケティングデータとテクノロジーが交差するユニークなポジションにいます。今日のように消費者や市場が急速に変化する時代には、この2つを組み合わせてビジネスを推進させることが重要です。私はこの状況及びこの時に、業界をリードするこの企業に参加することに興奮しています」。

デイビッド・ケニーは直近では、IBMのコグニティブ・ソリューション担当シニアバイスプレジデントを務め、IBMのAIプラットフォームとポートフォリオを統括していました。 また、IBM Watsonとクラウド・プラットフォームの開発を担当しました。その前はIBMが製品およびテクノロジー事業を買収したThe Weather Companyの会長兼CEOを務めていました。それ以前は、クラウドサービスプロバイダーのAkamaiのプレジデントを務め、また、PublicisのVivaKiで共同経営パートナーを務めました。デイビッドはまた、デジタルマーケティング・エージェンシーのDigitasを共同設立し、会長兼CEOを務め、Publicis Groupeに同社を売却した後も引き続き同社をリードしました。そして、Digitas以前は、Bain&Companyのパートナーでした。

デイビッドはBest BuyとTeach for Americaの取締役に就いています。 彼はハーバード・ビジネススクールでMBAを取得し、GM Institute(現在ケタリング大学)で学士号を取得しています。

###

ニールセンについて
Nielsen Holdings plc(NYSE: NLSN)は世界最大級のマーケティング調査&データ分析の会社として、世界規模の消費者と市場における最も完全で信頼された見解を提供しています。私たちのアプローチは独自のニールセンデータと他のデータソースを結び付けることで、今何が起こり、今後何が起こるのか、そしてこの知識に基づいてどの様に行動するのがベストなのかを世界中の顧客が見つけるお手伝いをします。ニールセンはメディア、広告、小売りそして日用消費財産業が直面する最も重要な問いに答えるための新しい方法を開発し続けながら、90年以上に渡り科学的な正確性と革新性に基づくデータと分析を提供してきました。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com

ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン カンパニー合同会社です。
消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。詳細はwww.nielsen.com/jpでご覧いただけます。

ニールセン デジタル株式会社は、ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、および分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジタル株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp でご覧いただけます。

ニールセン スポーツ ジャパン株式会社は、マーケティングのデータ提供、コンサルティングを行う、世界最大規模のスポーツマーケティング会社です。スポーツ団体及びスポーツに出資する企業に於いても、マーケティング戦略に不可欠なデータとして、世界中で数多く採用されています。日本では、Jリーグやプロ野球球団等とも契約しています。詳細はhttp://nielsensports.com/jp/でご覧いただけます。

グレースノート株式会社は、世界の代表的なブランドのエンターテインメント製品に、音楽・テレビ/映画・スポーツコンテンツについての認識技術を提供しています。2 億曲以上をカバーする楽曲データと 85 カ国以上のテレビ番組表データ、4,500 のスポーツリーグや国際大会に関する統計データ等を提供しています。詳しくは www.gracenote.com/ja/でご覧いただけます。

秦英之は