プレスリリース

ニールセンが日本にBEHAVIORAL SCIENCES INSTITUTEを設立

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}
Scroll down for English


東京、2019年5月29日
– ニールセンカンパニーは本日、消費者の感情や行動の中心となる無意識の反応測定を担うコンシューマーニューロサイエンス部門が、日本にBehavioral Sciences Instituteを設立したと発表しました。この研究所は多くの専門分野にわたるプログラムを有しており、インダストリーリーダーの教育や、最新の科学に基づいた行動の見識から知見を応用することを目的としています。これらのプログラムはさまざまな専門レベルにあわせて設計されているため、複雑な科学に基づく行動データから、ブランドビジネスのすべての分野に影響を及ぼす可能性のある実用的な見識を得ることができます。

コンシューマーニューロサイエンス部門のディレクターである辻本悟史は、次のように述べています。「現代のメディアやコミュニケーション、商取引の展望が劇的に変化するにつれて、企業は次第に行動科学がブランドや製品、サービス全体を通してビジネスに多大なる影響をもたらす可能性があると認識するようになりました。」「我々のBehavioral Sciences Instituteでは、参加企業に対して、顧客がどう意思決定をしているのか、またそれを日常業務にどう活かせばよいか、専門家の助言を提供します。」

プレゼンテーション、ワークショップ、没入型ラーニングセッションを含む、ニールセンのBehavioral Sciences Instituteが提供する全プログラムは、ユニークな下記の3段階に焦点を当てています。

● 消費者関連行動科学、行動経済学、神経科学及びその他の意思決定科学分野に関する入門知識を提供する基礎セッション

●ブランドが顧客に新しい習慣を作り出させる方法や、脳がデザインの要素(色、音楽、キャラクター、ブランドなど)をどのように処理して整理するか等、ニールセンのコンシューマーニューロサイエンス部門が非常に重要な知見と専門知識を持つ領域におけるラーニングに焦点を当てた特別セッション

● 固有のビジネスやマーケティングにおける課題に関連して、ブランドが求めている特定の質問や見識に対応するために必要に応じて設計されたカスタマイズセッション

ニールセン カンパニー ジャパンのマネージング・ディレクターであるルーク・バーウェイは、次のように述べています。「ニューロサイエンスのリーダーとして、日本のクライアントに新しいソリューションを提供し、消費者の真の無意識の決定をより深く理解してもらえるように革新することが我々の役割です。」

ニールセンのコンシューマーニューロサイエンス部門は、10年以上にわたり消費者の感情や行動に関する比類のない見識を提供してきました。最新の技術と熟練した神経生理学者のチームからなる世界各国の16の最先端の神経科学ラボでは、業界で最も完全な一連のツールを採用しています。40カ国以上で13,000以上ものプロジェクトを実施しており、さらに多くの現地調査を実施するために可動性機能を持っています。私たちのチームはニューロテクノロジー業界で最大の特許ポートフォリオを保有しており、積極的な研究開発部門の継続的な支援を受け、その数は係属中の特許を含めて世界中で約200件にも及びます。また私たちの神経科学者は550以上の査読付き学術論文を発表しており、より良いブランドを構築するために複数の賞を受賞しています。

ニールセンコンシューマーニューロサイエンスのBehavioral Sciences Instituteに関するお問い合わせと入門セッションのご予約は下記へご連絡ください。
satoshi.tsujimoto@nielsen.com    yukari.honma@nielsen.com


###

ニールセンについて
Nielsen Holdings plc(NYSE: NLSN)は世界最大級のマーケティング調査&データ分析の会社として、世界規模の消費者と市場における最も完全で信頼された見解を提供しています。私たちのアプローチは独自のニールセンデータと他のデータソースを結び付けることで、今何が起こり、今後何が起こるのか、そしてこの知識に基づいてどの様に行動するのがベストなのかを世界中の顧客が見つけるお手伝いをします。ニールセンはメディア、広告、小売りそして日用消費財産業が直面する最も重要な問いに答えるための新しい方法を開発し続けながら、90年以上に渡り科学的な正確性と革新性に基づくデータと分析を提供してきました。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください:www.nielsen.com.

NIELSEN LAUNCHES
BEHAVIORAL SCIENCES INSTITUTE IN JAPAN

Tokyo, May 29, 2019 – Nielsen Company today announced that its Consumer Neuroscience division, the leader in measuring nonconscious responses central to consumer emotions and behavior, launched its Behavioral Sciences Institute in Japan, too, which is a collection of multidisciplinary programs designed to educate industry leaders and help them apply knowledge from the latest in science-based behavioral insights. Designed for various levels of expertise, these programs will translate complex, science-based behavioral data into actionable insights that can impact all areas of a brand’s business.

“As the modern media, communications and commerce landscape changes drastically, companies have increasingly realized the potential impacts that the behavioral sciences can provide on their business throughout brands, products and services,” said Dr. Satoshi Tsujimoto, Director, Consumer Neuroscience. “Our Behavioral Sciences Institute offers expert guidance that help clients understand how their customers make decisions, and how to apply those insights in their day-to-day business.”

The catalog of programs offered through Nielsen’s Behavioral Sciences Institute, which include targeted presentations, workshops and immersive learning sessions, focus on three unique tiers:

● Foundational sessions designed to provide introductory knowledge around consumer-related behavioral sciences, behavioral economics, neuroscience and other decision-science disciplines.
● Specialized sessions focused on deep learning in areas in which Nielsen Consumer Neuroscience has significant knowledge and expertise including how brands can create new habits in their customers and how the brain processes and organizes elements of design (for example, color, music, characters and branding).
● Custom sessions tailored to address specific questions and insights that brands are seeking related to their unique business and marketing challenges.

“As a leader in Neuro Science, it’s our role to innovate to ensure we are providing our clients in Japan with new solutions, and deeper understanding of consumers true unconscious decisions” said Luke Verwey, Managing Director of The Nielsen Company Japan.

For over a decade, Nielsen Consumer Neuroscience has provided unparalleled insights into the emotions and behaviors of consumers. We employ the industry’s most complete suite of tools in our 16 state-of-the-art neuroscience labs around the world that are outfitted with the latest technology and teams of skilled neurophysiologists. We have conducted over 13,000 projects in more than 40 countries, and we have the mobile capability to conduct field studies in many more. Our team has the largest patent portfolio in the neurotechnology industry, with nearly 200 awarded and pending patents worldwide, with ongoing support from our active R&D efforts. Our dedicated neuroscientists collectively have authored over 550 peer-reviewed publications and have won multiple awards for building better brands.

For more information about the Nielsen Consumer Neuroscience Behavioral Sciences Institute or to schedule your introductory session, please contact us at 
satoshi.tsujimoto@nielsen.com    yukari.honma@nielsen.com

###

ABOUT NIELSEN
Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) is a global measurement and data analytics company that provides the most complete and trusted view available of consumers and markets worldwide. Our approach marries proprietary Nielsen data with other data sources to help clients around the world understand what’s happening now, what’s happening next, and how to best act on this knowledge. For more than 90 years Nielsen has provided data and analytics based on scientific rigor and innovation, continually developing new ways to answer the most important questions facing the media, advertising, retail and fast-moving consumer goods industries. An S&P 500 company, Nielsen has operations in over 100 countries, covering more than 90% of the world’s population. For more information, visit www.nielsen.com.