プレスリリース

ニールセン、「Changing Consumer Prosperity」を発表 ~ 日本では消費者の40%が5年前と比べて財務状態が悪化していると回答~

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}
図表入り��プレスリリースはこちら
 

Scroll down for English

東京、2019年4月5日 – ニールセンがこのほど実施した調査によると、消費者は自身の財務状態につき、より楽観視の傾向を強めていることが分かった。特に、アジア太平洋、アフリカ、中東そして中南米地域でこの傾向が強い。

消費者の財務状態等を追跡している本調査によると、世界的な傾向として、58%の消費者が5年前よりも自身の財務状態につき良くなっていると回答した。アジア太平洋地域の消費者が最もこの傾向が高く (70%)、続いてアフリカと中東 (52%)、そして中南米 (49%)という結果となった。

日本では、40%の消費者が5年前と比べて財務状態が悪化していると回答しており、反対に良くなったと回答したのは24%にとどまった。

全体的な傾向として、先進国市場の消費者はあまり楽観的でない、という結果となった。北米地域では全体の半分以下 (46%)の消費者が、欧州では37%が5年前と比べて財務状態が改善されたと回答している。

また、全体的に消費者の間での自身の財務状態に関する楽観視が強まっている傾向が見られるものの、その多くが生活費の上昇に対するプレッシャーを感じている。世界的に見ると、自由に自身のお金を使えると感じている消費者は15%にとどまり、一方で、31%が基本的な生活費をカバーすることで精一杯であると回答している。

###

ニールセンについて
Nielsen Holdings plc(NYSE: NLSN)は世界最大級のマーケティング調査&データ分析の会社として、世界規模の消費者と市場における最も完全で信頼された見解を提供しています。私たちのアプローチは独自のニールセンデータと他のデータソースを結び付けることで、今何が起こり、今後何が起こるのか、そしてこの知識に基づいてどの様に行動するのがベストなのかを世界中の顧客が見つけるお手伝いをします。ニールセンはメディア、広告、小売りそして日用消費財産業が直面する最も重要な問いに答えるための新しい方法を開発し続けながら、90年以上に渡り科学的な正確性と革新性に基づくデータと分析を提供してきました。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください:www.nielsen.com.


GLOBAL CONSUMERS BULLISH ABOUT THEIR FINANCIAL SECURITY
– 40% of Japanese consumers consider themselves worse off compared to 5 years ago –

Tokyo, April 5, 2019 – Around the world consumers are displaying a strengthening sense of optimism about their financial wellbeing, particularly in developing markets throughout Asia Pacific, Africa, Middle East and Latin America, according to a new study by global measurement company, Nielsen.

Nielsen’s Changing Consumer Prosperity study, which tracks consumers’ sentiment toward their financial position and willingness to spend, found that 58% of consumers globally believe they are financially better off than they were five years ago. Asia Pacific consumers are the most positive about their financial situation, with 70% feeling more optimistic than five years ago, followed by Africa and the Middle East (52%) and Latin America (49%).

40% of Japanese consumers consider themselves worse off compared to the same time five years ago, and only 24% believe that they are better off.

Consumers in developed markets are less optimistic. Fewer than half of consumers in North America (46%) believe their financial standing has improved over the past five years, and just over one third of consumers in Europe (37%) feel financially better off than they did five years ago.

Despite the strengthening in consumers’ sentiment around their finances, many are feeling the pressure of rising living costs. Globally, only 15% of consumers feel they are able to spend freely, while around one third (31%) say they are only able to cover their basic living costs.

###

ABOUT NIELSEN
Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) is a global measurement and data analytics company that provides the most complete and trusted view available of consumers and markets worldwide. Our approach marries proprietary Nielsen data with other data sources to help clients around the world understand what’s happening now, what’s happening next, and how to best act on this knowledge. For more than 90 years Nielsen has provided data and analytics based on scientific rigor and innovation, continually developing new ways to answer the most important questions facing the media, advertising, retail and fast-moving consumer goods industries. An S&P 500 company, Nielsen has operations in over 100 countries, covering more than 90% of the world’s population. For more information, visit www.nielsen.com.