ニールセン、デジタル広告やクリエイティブのリフト効果、消費者の評価を把握する調査ソリューション「デジタル広告評価(プレイスメント/クリエイティブ)」の提供を開始

東京-2020年12月1日- ニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長:宮本 淳(みやもと じゅん)は、デジタル広告やクリエイティブの効果、消費者の評価を把握する調査ソリューション「デジタル広告評価(プレイスメント/クリエイティブ)」(略称:DCE)の提供を開始いたしました。

これまでデジタル広告のクリエイティブ評価や効果測定では、一般的には、インターネット調査のアンケート画面中にクリエイティブを表示させて、強制的に視聴させたうえで評価を測定する方法や、広告に測定タグを実装し当該デジタル広告の接触/非接触を把握したうえで両グループにアンケート調査を実施してブランドリフト効果を測定する方法がとられてきました。しかし、強制視聴させる場合は生活者の実際の反応を捉えるのが難しく、一方、測定タグを用いた調査では、規模の小さいキャンペーンでは対応できない場合やサイト側に測定タグを受け入れてもらえない場合など、測定条件に制限があるなど、どちらの方法においても課題がありました。

「デジタル広告評価(プレイスメント/クリエイティブ)」は、インターネット調査の中で強制視聴させるのではなく、広告出稿面を再現した環境下のサイトをアンケート回答者に普段利用しているように閲覧してもらい、その最中に広告やクリエイティブを表示させます。このような環境を作ることにより、上記のような課題をクリアした、より実際の視聴に近い環境で様々なサイトや広告フォーマットに対応した広告効果測定やクリエイティブ評価が可能です。

■「デジタル広告評価(プレイスメント/クリエイティブ)」(DCE)の特徴

  • キャンペーンの規模を考慮する必要がない
  • ニーズに合わせた質問内容にカスタマイズすることが可能
  • 「プレ vs. ポスト」と「接触者 vs. 非接触者」のどちらの広告効果測定でも対応可能
  • Facebook、Instagram、Twitter、YouTube、TikTokなどの主要サイト、広告フォーマットに対応

ニールセン デジタル株式会社は、ニールセン・グローバル・メディアの日本法人として、視聴者分析と広告分析およびメディア分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、および分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジタル株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp でご覧いただけます。

ニールセンについて

Nielsen Holdings plc(NYSE: NLSN)は世界最大級のマーケティング調査&データ分析の会社として、世界規模の消費者と市場における最も完全で信頼されたインサイトを提供しています。ニールセンは二つのビジネスユニットから成り、ニールセン・グローバル・メディアは、広告市場・メディア市場が機能するために必要である業界の共通の理解を生み出す、公正で信頼できる測定基準を提供しています。ニールセン・グローバル・コネクトは、メーカーおよび流通企業に対し、正確で実行可能な情報、インサイト、そして、複雑に進化を続ける市場の全体像を提供しています。私たちのアプローチは独自のニールセンデータと他のデータソースを結び付けることで、今何が起こり、今後何が起こるのか、そしてこの知識に基づいてどの様に行動するのがベストなのかを世界中の顧客が見つけるお手伝いをします。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com