ソリューション

パッケージ・デザイン・テスト

広告媒体の多様化により、一貫してブランド・メッセージをターゲット消費者に伝えることがますます難しくなっています。商品パッケージは、購入の意思決定の6割以上が発生する店内で毎日、何百万人もの消費者の目に留まっている事実から、その重要性が再認識されます。

現在の商品パッケージの実力を把握する

消費者の嗜好の変化や新たなカテゴリーの誕生など、市場は変化しています。このような環境下、自社の商品パッケージが変化に対応できているかどうかの現状把握をする必要があります。具体的には、現在のパッケージは、ターゲット消費者にブランド購入に繋がる魅力を伝えているか、目を引くデザインの競合商品の中で埋没していないか、棚でアイキャッチできているのかを検証することです。

Nielsen Design Category Audit(ニールセンデザインカテゴリーオーデット)を使用すると、現在のパッケージ・デザインと競合商品のデザインを比較して、そのデザインの強みと弱みが把握できます。このシステムには、定量データと定性データが備わっていますので、パッケージ・デザインの変更を行う際にも役立ちます。詳しくはビデオをご覧ください。

デザインの方向性を検討

新しいデザイン開発を進めることを決定しても、一般的には実現までには想像以上の時間がかかりますし、実現までの長いプロセスが必ずしも画期的なデザインの開発にはつながっていません。実際、FMCGの担当者の56%、代理店の担当者の67%が最終的に選ばれたデザインの方向性はベストなものではないと認めています。

Design Navigator(デザインナビゲーター)を使用すると、開発プロセスの早い段階で客観的な市場のフィードバックを得ることができ、より幅広いデザイン候補の中から最良のデザイン方向性を選ぶことができます。消費者からの詳細なフィードバックは、デザインの修正と改善に役立ちます。詳しくはビデオをご覧ください。

成功事例

弊社は、ジャーキーのカテゴリーに大きなインパクトを与え、Obetroブランドをチャレンジャーとしての完全な差別化を実現できるような革新的なパッケージデザインの開発を検討していました。当初成功の確率は決して高いものではありませんでしたが、ニールセンのユニークなソリューションを利用することで、市場で成功を収めることに向けて強い自信を持つことができました。

詳細 >>

Oberto

デザインのROI

弊社は、Nielsen Design Navigatorソリューションによるパッケージデザインが売上に与える影響を検証しました。2013年~2014年の132の事例の検証結果は、こちからご覧になれます。

ダウンロード >>

ROI of Design

関連のコンテンツ

イノベーション インサイト記事:Design Audit Series – ワイン