ソリューション

デジタルコンテンツ視聴率
(DCR)

包括的なデジタルコンテンツの視聴状況をレポート

デジタルコンテンツ視聴率(DCR)は、主要なデバイスやプラットフォームを問わず、ストリーミング動画、静的ウェブページ、モバイルアプリなど、デジタルコンテンツの視聴状況をプラットフォームを横断して総合的に測定することで、変化し続ける複雑なマルチプラットフォーム、マルチデバイス、マルチディストリビューションの視聴状況を明らかにします。

DCR Platform

消費者は多くのプラットフォームでデジタルコンテンツを利用しているため、デジタルメディアの各ステークホルダーはコンテンツの総消費量を明確に把握しておくことが不可欠です。デジタルコンテンツ視聴率(DCR)は、テキストコンテンツではウェブページやアプリのセクションのすべてをカバーし、また、ビデオコンテンツは番組やエピソードレベルのビデオの視聴状況のすべてとインサイトを提供します。また、このソリューションはカスタムレポート機能も提供しており、プラットフォーム間のデジタルリーチ、視聴者数、視聴者属性、利用時間などのあらゆる指標を提供します。

DCR Alignment

視聴者を理解する

デジタルコンテンツ視聴率は、あらゆる主要なデジタルプラットフォームでの包括的なコンテンツ消費量の測定を提供します。このソリューションには、ニールセンの業界標準のデジタルパネルデータ、過去の計測データ、第三者から提供されるID情報などを基にしたニールセンID システムによる視聴者属性情報が含まれているので、媒体社、広告代理店、広告主はデジタルメディアの世界で誰がコンテンツを消費しているのかをしっかりと把握することができます。

デジタルコンテンツ視聴率はインクリメンタルリーチを測定できるため、テレビ番組制作者は、テレビ番組のエピソード単位の真のクロスプラットフォーム視聴率を取得できるようになりました。媒体社はプラットフォームを横断するインベントリを効果的に収益化することで、成長を促進することができます。広告代理店は実際のデジタルメディアの消費動向を明確に把握することで、自信を持ってプラットフォーム全体でのオンデマンドのインベントリを購入することにより、広告主をより良い結果に導くことができます。

デジタルランドスケープを俯瞰する

シンジケートされた毎日の視聴率データにより、実用的な計画の決定と競争力のあるベンチマークの策定を可能にします。デジタルコンテンツ視聴率は、デジタルエコシステム内のすべてのプレーヤーに、デジタルランドスケープの透明性を提供します。これにより、時代の先を行き、競合他社がどのような状況にあるのかを知ることができます。

比較可能な測定基準でデジタルパフォーマンスを理解する

デジタルコンテンツ視聴率は、デジタルコンテンツの平均視聴者数、リーチ、フリークエンシー、GRP、利用時間などのすべてのデジタルプラットフォームにおいて比較可能な指標でレポートします。

もっとソリューションを知りたい