Skip to content
Cancel

News Center

Displaying 0 results

  • Nielsen Korea, ‘Nielsen Global Impact Day’ activities with “Hansup Together”

    Nielsen Korea, a global integrated information analysis company, announced that it held the ‘Nielsen Global Impact Day’ event at the Nielsen Korea Seoul office on June 20th and 21st together with the non-profit organization Together Hansup. ‘Nielsen Global Impact Day’ is a social contribution program held every year at all offices in over 100 countries…

  • パネルとビッグデータセットの組み合わせによる、新たな消費者インサイトの発掘

    今日のメディア環境においては、かつてない程豊富な選択肢が用意されており、消費者は最も魅力を感じるプラットフォームやメディアチャネルを積極的に利用しています。広告主、パブリッシャー、広告代理店は、視聴の場所に関係なく、消費者を惹きつけ、エンゲージメントを獲得し、それを測定しようとしていることから、選択肢の広がりは、正確な測定に対する業界のニーズを高めています。 ここで重要なのは、選択肢の拡大という流れの中心にいるのは「人」ということです。それゆえに、進化を遂げているプラットフォームやチャネルがもたらした、数多くの新たなデータソースを反映する包括的なオーディエンス測定がますます必要とされます。しかし、これらの新たなデータソースだけでは、米国の人口を正確に代表していないため、オーディエンスの正確な測定を行うことができません。 実際のオーディエンスを測定するためには、実際の「人」が必要です。 長年、ニールセンの計測パネルはテレビ視聴率測定のゴールドスタンダードとなっており、現在でもセットトップボックスやスマートテレビから取得するビッグデータのみでは発掘できない、貴重なテレビオーディエンスインサイトの提供に活用されています。一方で、これらのビッグデータセットには、とても大きな価値があります。それは従来のパネルではカバーしきれない、飛躍的に大きい視聴者サイズを提供します。しかし、これらのデータセットにはオーディエンスを特定できる情報が含まれていないので、包括的かつ代表性のある測定を行うためには、ビッグデータとパネルデータの併用が必要となります。 重要なことは、セットトップボックスやスマートテレビのデータは、測定用に設計されていないということです。例えば、ケーブルテレビや衛星放送のセットトップボックスから得られるRPD(Return Path Data)は、テレビの電源が入っていることやチャンネルが変更されたことは分かりますが、その部屋に誰がいるのか、誰が画面に映っているものを操作しているのかは分かりません。スマートテレビが提供するコンテンツ自動認識(ACR)データについても同様です。例えば、ニールセンがRPDを分析したところ、誰も見ていないのにテレビがついている場合を補正しないと、視聴時間が145%〜260%(プロバイダーによって異なる)も過大にカウントされてしまうことがわかりました。 特に、デバイスやプラットフォームの使用率が高まるにつれ、ビッグデータには大きな利点があり、今後のオーディエンス測定において重要な役割を果たすことができます。しかし、実際の視聴者を総合的かつ正確に把握するためには、代表性のある「人」レベルのデータを確保する必要があります。例えば、ニールセンの最近の分析によると、あるゴールデンタイムの番組のRPD測定では、米国の総インプレッション数が69%も過大評価されていました。同じ分析で、ACRのデータはインプレッションを12%過小評価していたことがわかりました。 ニールセンが保有する米国の総人口を代表するテレビ測定パネルは、今や総テレビ利用の 4分の1 以上を占めるストリーミング配信の拡大を測定する上で極めて重要となります。ストリーミング配信は消費者に膨大な量や種類のコンテンツを提供していますが、ビッグデータのみでは、オーディエンスやエンゲージメントを完全に把握することはできません。またビッグデータはRokuやAmazon Fire StickなどのOTT ストリーミングデバイスでの視聴を網羅しておらず、多くのストリーミングアプリではアプリの利用中、ACRデータ送信はブロックされています。新たなプラットフォームやチャネルが次々と市場に参入していることを踏まえると、これからは主要なデバイスメーカーとの提携やパネルデータが極めて重要となります。 実在のオーディエンスのインサイトを発掘するには、実際の「人」から得られるデータが必要です。実際の「人」から得られるデータをその他データソースと組み合わせることにより、サンプル数を飛躍的に増やすことができます。ニールセンのパネルは、データ品質の問題を特定して修正する能力を備えているため、視聴者測定に使用するビッグデータの安定性、信頼性、一貫性を補完することができます。ビッグデータが「人」レベルの測定で調整されることで、セットトップボックスのRPDとスマートテレビのACRデータの可能性を最大限に発揮することができるのです。

  • Better together: Panel + big data sets offers unprecedented insights into consumers

    Choice has never been as abundant across the media landscape as it is today, and consumers are actively engaging with the platforms and channels that most appeal to them. The expanse of choice amplifies the industry’s need for accurate measurement—given that advertisers, publishers and agencies seek to attract, engage and measure engagement regardless of where…

  • Wharton Markets in Motion: Marketing in the Midst of a Pandemic

    Following the unprecedented changes of 2020, the world at large continues to evolve, and marketers are strategizing in a rapidly fluctuating environment. While past may be prologue, the pandemic has brought the media industry into uncharted territory, and marketers and advertisers must remain nimble as we continue to adjust to a new normal.  As such,…

  • Nielsen Names Jamie Moldafsky As Chief Marketing and Communications Officer

    Savvy Industry Veteran Moldafsky Will Run the Integrated Global Function for the Nielsen Global Media business New York, NY – Nov. 30, 2020 – Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) announced today that Jamie Moldafsky, a three-decade marketing veteran, will join as Chief Marketing and Communications Officer, effective immediately.   Previously, Moldafsky was Chief Marketing Officer at…

  • Nielsen (India) Private Limited Files Petition For Demerger Of Media Business Into Neurofocus Systems & Services Private Limited

    Mumbai, August 17, 2020– Scheme of arrangement between Nielsen (India) Private Limited (‘Demerged Company’) and Neurofocus Systems & Services Private Limited (‘Resulting Company’) and their respective shareholders under section 230-232 of the Companies Act 2013 has been filed with the NCLT Mumbai bench (‘NCLT’) for its approval on the proposed demerger of the Demerged Undertaking…

  • Nielsen’s Commitment to Fight Racism with Action

    At Nielsen, we stand for counting everyone—ensuring that all voices are not just counted, but are heard. In the past, we have often been silent.  We will be silent no more. Today we held a Nielsen Town Hall, and it is evident that so many of our people—our employees, our Nielsen families and our partners—are…

  • Rugby Australia choose Nielsen to future proof in evolving broadcast landscape

    Rugby Australia has long had a passionate fan base in the country. Today, these fans are skewing young and increasingly digitally connected. To better connect with its fans, Rugby Australia has renewed its partnership with Nielsen, as it continues to negotiate the code’s next broadcast deal.  Rugby Australia undertook an extensive review of its insights…

  • Nielsen Makes Senior Appointments, Further Builds Out Media Management Team

    Sean Cohan joins Nielsen as Chief Growth Officer and President, International Karthik Rao named Chief Operating Officer, Nielsen Global Media Peter Bradbury upped to Chief Commercial Officer, U.S. New York, NY, Feb. 17, 2020  — Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) announced today the following appointments: Sean Cohan, a media industry and A+E veteran, joins the…