インサイト

ニールセン 、「EyeForPharma Japan 2018」に出展
ニュース

ニールセン 、「EyeForPharma Japan 2018」に出展

{“order”:0,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”pagePath”:”/content/corporate/jp/ja/insights/newswire-j.html?pageNum=1″,”title”:”u30cbu30e5u30fcu30b9u30efu30a4u30e4″,”titlecolor”:”A8AABA”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveSyncCancelled]”,”cq:isCancelledForChildren”:”{Boolean}true”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

去る5/16~17、都内で開催された 、国内外の製薬業界キーパーソンが一同に会するコンフェレンス 「eyeforpharma Japan 2018」 において、当社マーケティング・サイエンス事業部エグゼクティブ・ディレクターの宮津和弘が登壇、エージェリオンファーマシューティカルズ株式会社 中邑昌子氏、ギリアド・サイエンシズ株式会社 三宅智夫氏と共にパネルディスカッションを行いました。

「将来必要とするセールススキルの要因はMRにどれだけあるのか、そして今後MRの役割はどのように変わり、次世代の営業は何に焦点を置くのか」をテーマに、宮津はマーケターとしての視点から、MMM(マーケティング・ミックス・モデリング)やニューロ・サイエンスの活用など、”インテリジェンスを持ったデジタル・マーケティング”について提言しました。